お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

グリーンのコントロールカラーの使い方とは? 専門家が選ぶおすすめ8選

上田麻里(美容ライター)

肌の赤みやニキビ跡をカバーするグリーンのコントロールカラー。使い方のコツとおすすめアイテム8選を美容ライターの上田麻里さんが解説。プチプラからデパコスまで、お気に入りのひとつを見つけてみて。

専門家が選ぶグリーンのコントロールカラー8選

最後に、オススメのグリーンのコントロールカラーをご紹介します。それぞれに特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ケイト シークレットスキンCCベースゼロ(EX-2)

ドラッグストアで買えるプチプラコスメでありながらも、ファンデーションとともに高い評価を得ているシークレットスキンCCベースゼロ。1本で毛穴もカバーできると好評! ビューティアップパール配合。赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーンです。

商品名

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ(EX-2)/1,000円(税抜)

2.SUGAO シルク感カラーベース(グリーン)

SUGAO シルク感カラーベース(グリーン)

厚塗り感が出ず、ナチュラルな仕上がりが人気のカラーベース。光をさまざまな方向に反射させるソフトフォーカスパウダーを配合し、毛穴もふんわりぼかして均一な肌へ導きます。

皮脂吸着パウダー配合で塗った瞬間から、シルクのようなさらさら質感に。

商品名

SUGAO シルク感カラーベース(グリーン)/1,200円(税抜)

3.ファンケル カラーコントロールベース

ファンケル カラーコントロールベース/1353円(税抜)

赤み補正力抜群のファンケルのコントロールベース。

シミやくすみも目立ちにくくなると大人気! 独自開発の美肌ヴェールを配合し、肌のうるおいを均一にして、内側から輝くようなツヤを与えます。

商品名

ファンケル カラーコントロールベース/1,353円(税抜)

4.ジルスチュアート ラスティングトーンアップベース(03 fresh)

【ジルスチュアート】ラスティングトーンアップベース(03 fresh)/3000円(税抜)

みずみずしい乳液のようなテクスチャーで、気になる赤みを抑えてふんわりと肌をカバーする人気のコントロールカラー。

毛穴も、色ムラも見えない明るい肌に。肌なじみがよく、薄膜で透明感がありながら、カバー力のある仕上がり。クリスタルフローラルブーケの香り。

商品名

ジルスチュアート ラスティングトーンアップベース(03 fresh)/3,000円(税抜)

5.RMK ベーシックコントロールカラーN(03)

ナチュラルな補正力に加え、伸びの良さや保湿力も抜群のコントロールカラー。半透明のジェルがとろけるように密着しピュアな肌に仕上げます。

保湿効果の高いスキンケア成分も配合し、肌のみずみずしさをキープ。

商品名

RMK ベーシックコントロールカラーN(03)/3500円(税抜)

6.江原道 マイファンスィー メイクアップ カラーベース(グリーン)

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ(EX-2)/1000円(税抜)

肌が自然にキレイに見せられると評判のカラーベース。滑らかに伸びて肌の上に極薄の透過フィルターを作り出します。

ふっくらと滑らかな肌に整え、ファンデーションのフィット感もUP! 乾燥から肌を守るスキンケア成分配合。

商品名

江原道 マイファンスィー メイクアップ カラーベース(グリーン)/4000円(税抜)

7.エレガンス モデリングカラーベースEX UV (GR440クール)

赤み補正力、ツヤ感、伸び、軽いつけ心地、崩れにくさ、とベースメイクの悩みをすべて叶えてくれる優秀コントロールカラー。

肌の色ムラをリセットするかのようにカバーしながら発色をサポート。皮脂や汗に影響を受けない極めて薄い化粧膜が、ピタッと肌にフィットします。

負担感のない軽いつけ心地で、美しい仕上がりが持続。フローラルムスキーの香り。

商品名

エレガンス モデリングカラーベースEX UV (GR440クール)/4500円(税抜)

8.ちふれ カラーメーキャップクリーム(グリーン)

【ちふれ】カラーメーキャップクリーム(グリーン)

450円というプチプラなので、コントロールカラーを試してみたいという人にもオススメ!カバー力は少し低めですが、赤みはしっかり消してくれます。

※現在は生産終了(2020年1月)

商品名

ちふれ カラーメーキャップクリーム(グリーン)  450円(税抜)

肌の赤みはコントロールカラーでナチュラルにカバー!

肌色が均一で、ムラのないつるんとした質感は美肌に必須! そんな肌へと補正してくれるのがコントロールカラーです。

その中でも、特に赤みが気になっているという人は、ファンデーションやコンシーラーを何度も重ねる前に、一度グリーンのコントロールカラーを試してみてください。

ナチュラルにカバーしてくれるので、きっと理想の肌に近づけますよ。

(上田麻里)

※画像はイメージです

SHARE