お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

明るい人になりたい! 明るい女性の特徴と男性が惹かれてしまう心理

高見綾(心理カウンセラー)

明るい人になるにはどうしたらいいの?

明るい女性の特徴を見てきましたが、明るい人になるためには実際どうしたらいいのでしょうか。

明るい人になる5つの方法

姿勢をよくする

立ち姿や歩き姿の姿勢をよくしましょう。背筋を伸ばしてあごを少し引くだけで、スタイルがよくなり、明るい人に見られます。猫背になると、本当は元気であっても暗く見えてしまうので気をつけましょう。

必要以上に悩まない

誰しも悩みはあるものですが、悩み続ければ解決するかといえばそうではありません。むしろ考えれば考えるほど、雰囲気はどんより暗くなってしまいます。「考えても解決しそうにないようなことは、考えない」ということを意識するだけでも、心がすっきりして雰囲気が明るくなります。

明るい服を着る

女性らしさのある、やわらかで明るいパステルカラーの服を着るだけでも、雰囲気が明るく華やかに見えます。おでこを出して、顔をはっきり見せることも、明るい人に見られるポイントです。

人や物事に興味を持つ

人や趣味など、自分の好きなものを増やしましょう。私たちが何かを「好き」だと思うときは、とても大きなパワーが出ます。好きなものが多い人は、自然と明るく元気になります。好きなものを増やすためには、まずは興味を持つことが大切です。

よかったことを意識的に探す

日常の中で、よかったことを意識的に見つけていく習慣をつけましょう。同じ1日を過ごしても受け止め方は人によって違います。日常の些細なことに喜びを見つけられる人は幸福度が高く、雰囲気にも滲み出てくるものです。

次ページ:明るい人になるには、外見と内面の両方からのアプローチが効果的!

SHARE