お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トホホなところが愛おしい! 共感しちゃう「女子あるある」集

橘夢人

女子あるある【学生時代編】

ちょっと過去にさかのぼり、今度は学生時代の「女子あるある」について聞きました。

学生時代の女子あるある3選

好きな人と直接話せない

・「自分の好きな人に好きな人がいるか、友だちに聞いてもらう」(26歳/金融・証券/営業職)

・「好きな人がほかのクラスだった場合、そのクラスの友だちのところに用もないのに遊びに行って、好きな人をチラ見する」(29歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

おまじないはこっそりと

・「好きな人の名前を書いた消しゴムをひとりで使い切る・名前は誰にも見せない」(32歳/小売店業/秘書・アシスタント職)

・「辞書でLOVEのページを検索し、好きな人の名前を書いた紙を入れておく」(28歳/医療・福祉/専門職)

手紙を書きたがる

・「授業中に手紙をこっそり回して楽しむ」(32歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「授業中に内緒話の手紙を回して、処理が甘く、皆にばれる」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

エピソードを並べるだけで、なんだか甘酸っぱい気持ちになる学生時代のあるあるエピソード。恋愛のおまじないは、いろいろなバージョンを試したという人も。手紙の回し読みなども、ほとんどの人が一度はやったことがあるようです。

次ページ:女子あるある【少女マンガ編】

SHARE