お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド メイク

いつもの私、から解き放たれる。潔い女のマットリップ #コスメジェニック

たとえば目が覚めるほどの真っ赤なリップ。パソコンのキーボードを打つのが楽しくなるネイル。会社の先輩が褒めてくれたフレグランス。持っても塗ってもかわいいコスメで、私の毎日がちょっとだけ色づいていく。今日は大好きなこの子と一緒に、「コスメジェニック」な1日にしよう。

マットリップ。それは潔い女の象徴のようなもの。ぶるんとした唇のほうがナチュラルで、男ウケがいいのもわかっている。でも“あえて”なのは、自分に自信がほしいから。今回は、もとから持っている美しさを引き出してくれるマットリップをご紹介。

たった一本で上品顔になれるゲランのリップ

ゲラン キスキス マット ¥4,644(編集部調べ)
引用:https://www.instagram.com/guerlainjp/

ゴールドに身を包んだゲランのキスキスマット。ゴージャスなそれを繰り出すと、「KISS KISS」の刻印が現れる。この時点で塗る人のテンションは急上昇。マットリップを塗っただけで、顔が上品に見えるから不思議……そして手放せなくなる。

スフレのようなマットリップはKATEで

KATE カラーセンサーリップティントN PK-2/BE-2 ¥1,100+税(編集部調べ)

マットリップに挑戦してみたいけど、モードすぎるのはいや。そんな人におすすめのKATEのカラーセンサーリップティント。スフレのようなさらりとした質感と、水分量で色づく自分だけの発色が、濃すぎないマットを実現してくれる。

いつもと色はそのままに、質感だけ変えられるシュウウエムラ

シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット ¥3,200+税(編集部調べ)
引用:https://www.instagram.com/shuuemura/

シュウウエムラのルージュ アンリミテッド シュプリーム マットは、しっかり発色を約束してくれる。だけど、乾燥しにくい優れもの。普段、コーラルやベージュピンクを使っている人も、質感だけでガラリと印象が変わる。

マットリップは難しい。塗った瞬間、あまりにはっきりとした印象に身構えてしまう。でも逃げないぞ私。これは自分との勝負。マットリップに挑戦し続けるのは、いつまでも私らしくあるための儀式のようなものなのだ。

(藤田かおり/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]