お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド メイク

冬こそ血色肌。ファンデ前のチート、コントロールカラー #コスメジェニック

たとえば目が覚めるほどの真っ赤なリップ。パソコンのキーボードを打つのが楽しくなるネイル。会社の先輩が褒めてくれたフレグランス。持っても塗ってもかわいいコスメで、私の毎日がちょっとだけ色づいていく。今日は大好きなこの子と一緒に、「コスメジェニック」な1日にしよう。

寒い冬にマフラーを巻いて、顔がちょっと赤くなった感じってすごくかわいいと思う。それをメイクで出したらちょっとわざとらしいけど、冬こそ血色感を出したい。今回のコスメジェニックは、ちょっと顔色が冴えないときに効くコントロールカラーをご紹介。

まるでフィルターのよう。THREEアンジェリックコンプレクションプライマーのPINK PETAL

THREE アンジェリックコンプレクションプライマー ¥4,200
引用:http://www.threecosmetics.com/fs/three/bas-0301005

まるで肌に一枚フィルターをかけたように、ひと塗りで血色感が表れるアンジェリックコンプレクションプライマー。天然成分80%の信頼できる処方だから、敏感肌でもチャレンジできる。

石鹸でも落とせるナチュラル処方。ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース 

ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース  ¥3,200+税
https://www.naturaglace.jp/products/detail/1

直接肌に触れるものをこだわって選びたい。冬だけ敏感肌になってしまうという人にもおすすめできるのが、ナチュラルグラッセのカラーコントロールベース。つけた瞬間ふわりと香るアロマはリニューアル後も健在で、朝の清々しい気持ちからあげてくれる。

コーラルピンクがレアなRMK ベーシック コントロールカラー

RMK ベーシック コントロールカラー ¥2,160(税込)
引用:https://www.instagram.com/p/BHbC9x4BODK/?hl=ja&taken-by=rmkofficial

ピンクよりももっとヘルシーな血色を求めるなら、コーラルカラーがラインナップされたRMKベーシックコントロールカラーがおすすめ。特にイエローベースの顔色に自然な血色感を与えてくれるはず。

血色をよくしてくれるだけでなく、処方もやさしいコントロールカラーをファンデーションの前にひと塗り。「疲れてる?」なんてもう言わせないくらいのヘルシー顔を手にいれて。

(文:出川 光/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]