お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

もう悩まない! 乾燥肌の改善方法を皮膚科医が解説

宇井千穂

01

乾燥肌に悩む女性って多いですよね。寒い冬だけでなく、冷房が効いている夏場にも乾燥が気になる人もいるかもしれません。乾燥肌を改善する方法について、皮膚科医の宇井千穂先生に解説していただきました。

■乾燥肌の症状と原因

そもそも乾燥肌とはどんな状態の肌のことで、何が原因で起きてしまうのでしょうか。宇井先生に聞いてみました。

◇乾燥肌の症状

宇井乾燥肌とは、表皮の角質層の水分保持機能が低下し、皮膚の水分が減少している状態のことです。乾燥肌を放置していると、皮膚のバリア機能が損なわれてしまう可能性があります。バリア機能とは、細菌や紫外線などのさまざまな外的要因から身体を守ってくれる機能のことで、体内の水分を外へ逃がさないようにする役割を果たしています。バリア機能が低下すると、肌が外部の刺激を受けやすくなり、赤みやかゆみなどの症状が出やすくなってしまいます。

◇乾燥肌の原因

宇井乾燥肌の原因は、「皮脂分泌量」の低下や、角質層の細胞間脂質である「セラミド」や「天然保湿因子」の低下です。 乾燥肌は、皮膚がもともと弱くてアトピー性皮膚炎を持っている人や、1日に何度も水に触れるような人、あるいは刺激を受けやすい部位(手や足など)に起こりやすいです。

また、夏はエアコンや扇風機の風によって乾燥したり、紫外線やサンスクリーン剤の影響によって乾燥したりする場合もあります。 冬は暖房器具による空気の乾燥や、寒さによる血流の悪化で皮膚代謝が低下し、乾燥することもあるでしょう。

次ページ:乾燥肌のNG行動

お役立ち情報[PR]