お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏を好きかわからない! 不安定になったときの原因と対処法

織田隼人(心理コーディネーター)

専門家が教える。「彼氏を好きかわからない」ときの対処法

彼氏を好きかどうかわからなくなったとき、別れを即決する前に女性がやるべきことがあるようです。

心理コーディネーターの織田隼人さんに、気になる対処法を聞いてみました。

別れる前に試してみるべき3つの対処法

1. 彼がいなかった過去の自分と現在の自分を考えてみる

別れる前に、まずは自分の過去と現在を考えてみましょう。

彼がいなかったときの自分。彼がいる現在。これらを比較するなどして、ゆっくりと考えてみてください。

まず、彼がいなかった自分を思い出すことで、ひとりだったころの気持ちを思い出すことができます。それはどんな気持ちだったでしょうか?

そして、彼がそばにいる現在は幸せでしょうか? それとも不幸せでしょうか?

彼がいたほうが幸せなのか、彼がいないほうが幸せなのか考えてみてください。

2. 自分は彼を幸せにできたのか考える

また「自分は彼を幸せにできたのか?」という点も考えてみてください。ここはとても大事な部分で、自分が彼を幸せにしたうえで、彼から幸せをもらえていないのであれば、あまりいい恋愛とは言えません。

逆に、彼を幸せにしようとせずに「自分だけが幸せを受け取ろうとしていた」のであれば、それは自分の努力不足です。

今から彼を幸せにする努力をしてみると、関係性が変わる可能性が高いです。

彼を楽しませて、それを彼にちょっと自慢してみましょう。

3. 彼がいる未来といない未来を考えてみる

最後に、彼がいる未来と彼がいない未来を考えてみてください。どちらがふたりにとって幸せなのか。

これから新しい男性を探すにしても、仲よくなって付き合って、そしてある程度お互いの気持ちをわかり合うまでには1年ほどかかってしまいます。

これらの点を踏まえて、彼と付き合い続けるメリットがあるのか。そもそも、彼と別れたほうが幸せなのか。彼と一緒にいることを選ぶのなら、自分がどのように行動すれば、彼も自分も幸せになれるのか。

このように、過去・現在・未来と幅広く考えることで2人の問題も明確になりますし、実際にどのように行動すれば自分が幸せになるのかも見えてきます

別れるかどうかの判断基準。別れるべき2つのケース

彼と別れたほうがいいのは、以下のケースです。

1. 自分が彼を幸せにしようとしてがんばっているのに、彼も自分も幸せでない

2. 彼と別れても寂しくならないだろうとシミュレーションできている

この2つのケースに当てはまるなら、別れたほうがいいでしょう。なぜなら、いい未来が見えていないからです。

付き合い続けるか・別れるかという決断は、「自分と彼の将来のため」に行うもの。

別れる決断を下す基準は「自分も彼も別れたほうが幸せになるかどうか」です。

彼と別れても寂しくないのであれば、それはもう好きな気持ちが消えています。愛情が消えています。「どうでもいい存在」になっています。

もし、ここで反論したい気持ちがあるなら、多分まだ彼のことが「好き」なのです。

別れる場合「好きかわからなくなったから」と言ってはダメ

彼氏に別れを伝える場合には、「好きかどうかわからなくなった」という消極的な理由ではなく、「好きじゃなくなった」という言い方で伝えましょう。

「好きかどうかわからなくなった」というような言い方では、彼を困らせてしまいます。

別れ際で相手にいい印象を持たれたい、というのはただのエゴです。

そして、そのエゴを出すと上手に別れることはできません。

自分のためにも彼のためにも、はっきりと「好きじゃなくなった」と伝えましょう。

次ページ:後悔しないために。まずは自分の気持ちの確認から

SHARE