お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

豆乳の効果と正しい飲み方 バストアップするって本当?

園部裕美

豆乳のバストアップ効果

06

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするということがわかりましたが、バストアップにも効果的なのでしょうか。豆乳とバストアップの関係について、腎臓内科医の古株菜津希先生に教えていただきました。

豆乳が女性ホルモンに与える影響

古株:豆乳の原料となる大豆に含まれる大豆イソフラボンは、植物由来の女性ホルモンと呼ばれています。イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造が似ていて、エストロゲンと同じような働きをすることがわかっています。

豆乳とバストアップの関係

古株:エストロゲンは女性らしい丸みを帯びたボディラインを作ったり、月経の周期や妊娠の手助けをしてくれるホルモンです。特にバストに関しては、乳腺の発達と脂肪を増やす効果があります。そのため、エストロゲンに似た働きのあるイソフラボンを摂取することで、バストアップ効果も期待できるでしょう。

バストアップ効果を高める豆乳の飲み方

古株:イソフラボンは、エストロゲンよりも弱い効果で穏やかに作用するため、過剰摂取しないかぎりはプロゲステロンなどのホルモンバランスに影響を与えることは少ないという研究結果が出ています。イソフラボンは大豆に含まれているため、豆腐や納豆、味噌や油揚げなどの食品からも日常的に摂取することが可能です。豆乳として摂取する場合は1日200ml程度、サプリメントや健康食品として摂取する場合は1日30mg(イソフラボン量として)を目安に摂取してください。

次ページ:まとめ

SHARE