お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

食べる「日焼け対策」って? UV効果のある食べ物・化粧品・アイテム

余慶尚美

毎年春~夏の時期は、「絶対焼きたくない!」と紫外線を気にする女性も多いですよね。海やプールで水着を着る機会があると、余計気になるのではないでしょうか。今回は、「日焼け対策」に効果的な食べ物や、UV化粧品、アイテムをご紹介します。

女性

■専門家に聞いた「日焼け対策」に効果的な食べ物

最近は、日焼け対策に効果的な「食べ物」が注目されてきています。一体どんなものがあるのか、美容コンサルタント・韓方薬膳料理専門家の余慶尚美さんに聞いてみました。

◇ヨクイニン(ハト麦)

ハト麦

「ハト麦」から殻を取り除いたものが、成熟種子で生薬の一種でもある「ヨクイニン」です。ヨクイニンには、体にこもった熱を冷ます働きや水分代謝をよくする効果があるので、高温多湿の季節に積極的に摂取するのがおすすめ。また、ヨクイニンに含まれている成分「コイクセノリド」は、美白や保湿にもいいと言われています。

ヨクイニンは、中国ではシミ取りのために煎じた汁(スープ)がよく飲まれています。日本では通販で購入しやすいので、ご飯と一緒に炊いたり、スープ類に入れたりと、気軽に応用できます。

◇黒酢

黒酢

健康食の代表格とも言われている「黒酢」。免疫力アップや疲労回復、肝機能アップ、デトックスなどいろいろと効果は知られていますが、日焼け対策で特に注目したいのが「血流改善」。特に「赤血球変形能」が高まることが確認されており、毛細血管への血流がよくなります。結果、肌細胞の代謝機能が高まり、日焼けによるシミや乾燥を改善するのです。コラーゲンの主成分でもある、プロリン・アラニン・グリシンなどのアミノ酸も含まれているので、お肌の潤いも保たれますよ(※)。
※参照元:書籍『生活シリーズ 体がぐんぐん若返る黒酢のチカラ』主婦の友社

◇パセリ

パセリ

パセリは、体内の熱を下げる作用があるので、暑くなるこれからの季節にはぴったり。また、抗酸化力や食中毒の防止、特有の香りがストレス解消の効果があることも確認されているので、高温多湿なシーズンに積極的に摂取したいもの。パセリは料理に添えられているイメージが強いですが、実はほかの栄養素と一緒に摂取することで、さらに効果を発揮する性質があります。日焼けによる乾燥やシミの改善はもちろん、お肌の代謝アップ、疲労回復、気分をリフレッシュさせる効果も期待できます。

◇豚肉

豚肉

豚肉は、まさに夏の疲労回復にぴったりなお肉。豚肉に含まれているビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるのに必要不可欠な成分です。また、体内に余分な熱をこもらせにくく、日焼けで乾燥しがちなお肌に潤いを与えます。抗酸化作用や老化防止効果のあるカロチンやビタミンC・Eが豊富な唐辛子と一緒に炒めたり、スープにしたりと、夏のスタミナ料理を作ってみてください。

お役立ち情報[PR]