お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

皮膚科医に聞く! 「ほくろ」と「癌」の見分け方

宇井千穂

誰しも必ず体のどこかにある「ほくろ」。人によって数も大きさも色も形も違うため、ほくろのよしあしはわからないですよね。ただ、「ほくろだと思っていたら、癌だった!」ということだけは避けたいもの。そこで今回は、ほくろと癌の見分け方を、皮膚科医の宇井千穂先生に解説していただきました。

rf39465171_o

■ほくろができる原因

そもそも「ほくろ」とは何なのか? 物心ついたころからあったり、気がついたら増えていたり……。知っているようで知らない「ほくろ」にまつわる素朴な疑問に迫ります。

rf49706598_o

◇ほくろって何? ほくろができる原因とは

ほくろとは母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうはん)とも呼ばれ、メラニン色素が集まることによってできる良性の皮膚病変です。

ほくろには、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは出生前やその直後に発症し、身体の成長につれて徐々に大きくなることが多いです。遺伝性も認められ、ほくろが多い親だと、子どもも多くなることがあります。後天性のものは、出生後、紫外線や外傷などの外的刺激、乾燥などが原因となって発生します。

◇ほくろが癌になることはある?

多くのほくろは良性です。良性のほくろが、悪性の癌になることはほとんどありません。もし癌だと診断された場合は、もともと癌だったものを、ほくろだと思い違いしていたということ。ほくろと癌は色や形が似ているものがあるため、注意が必要なのです。

次ページ:ほくろと癌の見分け方

お役立ち情報[PR]