お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

【医師監修】ツラい目の疲れを一瞬で解消! オススメの「ツボ押し」・8つ

久保木香織

スマートフォンやパソコンを使うと、目の疲れに悩まされることがあるのではないでしょうか? 手っ取り早く、目の疲れを解消させたいですよね。そこで今回は、目が疲れる原因と目を疲れさせないための対策、簡単にできるツボについて、眼科医の久保木先生に解説してもらいました。

gf1420103787m

■目の疲れの原因って?

◇PC・スマホ・タブレットの使いすぎ

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの画面を見る時間が長い人は、瞬目(瞬き)が減ることから、角膜や結膜が外気にさらされている時間が長くなり、乾きやすくなります。

◇ドライアイ

目の疲れの原因は、ドライアイに関連していることが意外と多いです。ドライアイの症状は、一般に乾く症状だけだと思っている人が多いですが、実はさまざまな症状があります。具体的には、痛い、熱い、重い、感じ、涙が出る、かすむ(視力低下と勘ちがいすることも)、充血、疲れるなどがあります。ドライアイの原因は、コンタクトレンズの着用や、加齢による涙液の分泌量の低下、ストレスによる分泌量の低下によるものです。

◇睡眠不足やストレス

睡眠不足、つまり起きている時間が長くなったり、眼を酷使する時間が増えると、眼のまわりの筋肉が休まる時間が少なくなるので、1日の眼の疲れが取れにくくなります。

◇加齢

加齢とともに、徐々に涙液の分泌量が減ることでのドライアイや、老眼(調節力の低下)からくる眼精疲労があります。

◇合ってない眼鏡やコンタクト(近視、遠視、乱視、老眼)

度数の合っていない眼鏡やコンタクトは、度数の調節がきちんとできないために、余計に眼を酷使してしまう原因につながります。ただ、視力が下がった (メガネが合わなくなった)と思い、視力検査をしても、今までと視力が変わらない場合も。その場合、ドライアイの可能性があります。

ほかにも、診察を受けなくてもコンタクトを購入できるようになり、合わないコンタクトをして疲れるどころか、眼にトラブルを起こして眼科に駆け込む人も多いです。コンタクトは必ず医療機関で診察を受けて、処方してもらいましょう。

次ページ:医師が解説! 目の疲れに効くツボ押し5つ

お役立ち情報[PR]