お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

【専門家監修】コーヒーのダイエット効果と飲み方のポイント

余慶尚美

01

コーヒーにはダイエット効果があると言われていますよね。ダイエットのために飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。コーヒーのダイエット効果を最大限に引き出すため、コーヒーの飲み方や注意点について、美容コンサルタント・韓方薬膳料理専門家の余慶尚美さんに教えていただきました。また、流行のココナッツオイルコーヒーのダイエット効果や、飲み方についても詳しく解説します。

■コーヒーがダイエットに効果的な理由

02

コーヒーにはどんな成分が含まれていて、何がダイエットに効果的なのでしょうか。また体質的にコーヒーが合わない人もいるのでしょうか。まずはコーヒーの基本について解説します。

◇コーヒーの成分とダイエット効果

コーヒーには、カフェインやポリフェノールのクロロゲン酸が豊富に含まれており、この2つの成分が脂肪燃焼効果を高めると言われています。特にクロロゲン酸はコーヒーポリフェノールとも呼ばれ、抗酸化作用によって身体が錆びるのを抑えてくれるので、アンチエイジング効果も期待できます。さらに血糖値上昇の抑制やコレステロールの抑制、糖分の吸収を遅らせて脂肪の蓄積を抑える効果もあることから、ダイエットには非常に有効だと言えるでしょう。

◇コーヒーの薬膳的効能

薬膳では、コーヒーには身体を温める作用があり、ストレス解消や心身の覚醒に効果的であるとされています。また精神を安定させ、ストレス発散による暴飲暴食を防ぐ効果も期待できます。身体の水分代謝を整える飲み物でもあるので、余分な水分をためやすい「むくみ太り」の方や、血巡りが悪くて「上半身固太り」の方にも効果的です。ただし「常に頭に血が上って熱っぽい」タイプの方は、コーヒーの身体を温める作用が逆効果になるので控えたほうがいいでしょう。ちなみに、小児は身体や脳が発育途中のため、刺激物であるカフェインはおすすめできません。同様に妊婦さんも控えたほうがよいでしょう。

次ページ:コーヒーの効果的な飲み方

お役立ち情報[PR]