お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

世界との比較は? 離婚率から読み解く日本の結婚【年齢・都道府県の傾向】

フォルサ

データから紐解く日本の離婚率の実態と推移を紹介。都道府県によって離婚率の傾向はある? 世界と比較した日本の離婚割合は多いor少ない? また離婚の多い年齢は? 気になる「離婚」の真実を解説します。

「3組に1組のカップルは離婚している」

果たしてそれは本当なのでしょうか。また、離婚率の高い都道府県や年齢など、離婚しやすい条件や環境はあるもの? 今回は、日本や海外の「離婚率」にまつわるデータを集めてみました。

日本の「離婚率」とは?

テレビをつければ、有名人の離婚が話題になっていることもしばしば。友人や知人の中にも、離婚経験者はいるのではないでしょうか? 昔と比べると現在は離婚に対する世間の風当たりは弱くなっていることから、離婚という選択肢が身近になっているのかもしれません。

実際のところ、日本の離婚率はどのくらいなのか調べてみました。

3組に1組が離婚する時代

厚生労働省が発表した「平成27年(2015年)人口動態統計(確定数)の概況」(※1)によると、婚姻件数は 63 万 5156組であるのに対し、離婚件数は22 万 6215 組でした。この数字だけを見ると、およそ3組に1組が離婚していることがわかります。

しかし、これは「調査年に結婚した夫婦」と「調査年に離婚した夫婦」を対比しているだけに過ぎません。現在、日本では晩婚化であるのに加え、婚姻数自体が少なくなっています。そのため、調査年の結婚数と離婚数を比較すると、離婚した人の割合が大きく見えてしまっているのです。

1000人に1.81人が離婚している

同データによると。人口1,000人当たりの離婚件数を示す離婚率は、「1.81」となっています。1,000人あたり1.81人が離婚しているという計算です。ちなみに2014年の離婚率は「1.77」なので、前年度より離婚率は若干上昇していることがわかります。

次ページ:世界主要国の「離婚率」と日本の比較

SHARE