お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

精神科医が回答! 辛い失恋から立ち直る5ステップ

ゆうきゆう

失恋をすると辛い気持ちになるもの。できることなら、なるべく早く失恋から立ち直りたいですよね。そこで、精神科医のゆうきゆう先生に、失恋から立ち直る方法を教えていただきました。

rf69842735_o

■なぜ失恋は辛いの?

大好きな人に振られてしまったら、この世の終わりかと思うほどショックを受けてしまうはず。そもそも失恋で辛くなってしまうのは、どういう理由からなのでしょうか? また、その辛さの度合いは人によって違う? そしてその辛い期間はどのくらい? ここでは、失恋で辛くなるメカニズムについて、教えていただきました。

rf63000431_l

◇失恋すると辛くなる理由とは

失恋をすると辛くなるのは、「自分ではダメなんだ」「自分は選ばれなかった」という自己否定や自信喪失に繋がる考えが隠されているからです。人によっては相手から拒絶されたと感じるでしょうし、自分を認めてもらえなかった、愛されなかったという思いが自信を失わせます。また、「これ以上相手を思い続けても無駄」「もう好きでいてはいけない」という、相手を好きな気持ちをセーブしたり否定しなくてはいけないことからも、辛い気持ちが生じてくるのです。

さらに、失恋の辛さの多くは自分が振られた/受け入れられなかった場合について語られますが、相手を好きでなくなった側の人も、実は傷ついている場合があります。自分の気持ちの変化、相手に注げる愛情が変わってしまったこと、自分が愛情を注ぐ対象を見失ったことなどにショックを受け、自分の身勝手(心変わりをそう感じる人もいるのです)によって相手を傷つけなくてはいけないということに、辛さや罪悪感、悲しみといった感情を抱くことがあります。

◇失恋の辛さに違いはある?

男性と女性では、辛さを感じるタイミングに違いがあるようです。女性は直後~1カ月くらいの間に喪失感や辛い気持ちのピークを迎える方が多いのですが、男性の場合は仕事に打ち込むなど、無意識に感情と向き合うことを拒否していることが多いため、3カ月後や半年後など時間が経過してから不意に感情のピークを迎える方が多いでしょう。

また、年齢を重ねると上手に自分の気持ちと付き合えるようになる人がいる一方で、感情をごまかすことがうまくなり、辛さや悲しみといった気持ちに浸りにくくなってしまう人もいます。これは「生活に支障を出さないように」という気持ちと、自分自身が辛い気持ちと向き合いたくないために起こる対症療法的な変化です。しかし、人によっては「感情の抑圧」にもつながって精神的なダメージを受けてしまうことがあります。ですので、自分の感情との付き合いがうまくなったのか、単に抑圧する癖が付いているのかは見極めたいところですね。

◇ 失恋後の「辛い期間」はいつまで?

辛い期間は人によりますが、女性であれば1カ月を過ぎたあたりから少しずつ前向きになれる時間が増え、3カ月くらい過ぎると、あまり過去の恋愛について考えなくなる人も増えてきます。半年、1年と引きずっていても、何年も引きずる人はそう多くありませんし、時間とともに相手を求める気持ちが薄くなり、それとともに辛さも和らいでいくようです。

逆に男性は、失恋した直後よりも1カ月、3カ月、半年と経っていく中で、ふと相手のいない寂しさを感じ、辛くなることがあるようです。自分から別れた恋愛であっても、現状に不満があると「あのときああしていれば」と、過去の恋愛に思いをはせてしまいやすいのは、実は男性に多く見られる傾向です。

次ページ:失恋から立ち直る方法は?

お役立ち情報[PR]