お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 出会い

肌が綺麗な女性がモテる理由と今日からできる美肌をつくるコツ

鈴木稚子

■今日からできる! 美肌を作るコツ3つ

af9920073971m

綺麗な肌を作るためには、具体的に何をすればいいのでしょうか。美容皮膚科の専門医である鈴木稚子先生に聞いてみました。

(1)スキンケアが正しいか見直す

gf1420418706m

間違ったスキンケア(基礎化粧品の選び方や塗り方)は、肌の「新陳代謝」や「肌バリア」を壊してしまうことがあります。そこでまず、今のスキンケアが間違っていないか確認する必要があります。確認方法は、スキンケアを1日~7日やめるだけ。これにより自分の肌の状態がわかります。(例:洗顔後の肌の状態を観察することで、「全体的に乾燥に強い肌」、「一部だけ乾燥して残りは脂っぽい肌」、「最初の数分だけ顔が突っ張るけれどその後は大丈夫」といったことがわかります)また、肌の「自然治癒力」もアップします。始めは抵抗があるかもしれませんが、休日に1日試すだけでもOKです。自分が持つ本来の肌の状態がわかったら、それに合うスキンケアに変えていきましょう。

(2)肌をこすらない・刺激しない

af9900104077m

スキンケア時にやりがちなのが「肌をこすってしまうこと」ですが、刺激は肌を老化させ、美肌を損なう原因になるのでNGです。アイクリームなども、ゴシゴシ塗り混むと、クマやたるみができる原因になります。そこで、洗顔時にゴシゴシこすり洗いをしたり、化粧水をコットンでゴシゴシつけたりするのはやめましょう。「刺激」は美肌の敵です。

(3)洗顔は朝晩2回! 十分にすすいで

af9920068294m

洗顔する際は、「すすぎ」にたっぷり時間をかけて「洗顔剤」が残らないようにしましょう。また、化粧をしてなくても朝晩2回は洗顔をし、自分の汗や酸化した皮脂膜を忘れず取りましょう。

次ページ:まとめ

お役立ち情報[PR]