お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏と毎日電話するのってどうなの? 長続きする「ベストな電話の頻度」

織田隼人(心理コーディネーター)

専門家に聞いた! カップルが長続きするための「電話のコツ」

男女の心理にくわしい、心理コーディネーターの織田隼人さんに、カップルが長続きするための電話のコツについてお話を聞いてみました。

電話

<カップルが長続きするための「ベストな電話の頻度」は?>

一般的には、付き合った直後くらいであれば「毎日」または「1~2日おき」くらい、付き合いが長くなってきたら「週1~2回」くらいに落ち着くことが多いようです。どちらかが忙しい場合には、コミュニケーション自体がストレスになるので、「月1~2回」ということもあります。

しかし、ベストな電話の頻度は、もちろんカップルによって異なります。長続きするためには「相手がどれくらい電話したいか」に合わせて頻度を決めたほうがいいでしょう。相手が忙しいかどうか、コミュニケーションが好きかそれともクールな人か、付き合ってからどれくらい期間が経過したか……で大体決まってくるので、そこをうまく見極めてくださいね。

<電話する頻度と通話時間、どっちが大事?>

1回あたりの通話は短くてもいいので、通話の頻度を増やしたほうがいいです。というのも、人間は何度も交流している人をどんどん好きになる、そして信頼する傾向があるからです。それは恋人でも同じで、1回あたりの通話時間が短くても、何度も電話をすると信頼関係が芽生えやすくなります。

<彼氏があまり電話してくれないときの対処法>

電話が苦手な男性は「電話を楽しんでいない」傾向があるので、楽しめる電話や癒される電話をしてあげるように心がけましょう。

たとえば、いつも終電間際に帰る男性なら、駅から自宅までの少しの時間だけ通話をして、家に着いたら電話を終わらせて彼の時間を大切にしてもらう、という配慮をしてあげると、彼にとっての負担がなくなります。また、しゃべっているときに「今日も遅くまでがんばってえらいね~」など彼をねぎらってあげると、彼自身が電話をすることで幸せになるので「もっと電話をしたい」と感じるようになります。

逆に、女性だけが電話で一方的にしゃべりすぎたり、彼に電話を強要したりすると、彼にとって電話が「つらい・我慢するべきもの」になってしまい、さらに電話を避けるようになるので要注意です。

織田さんのアドバイスを参考に、彼といつまでも仲のいい関係を築けるような、配慮のある電話の仕方を心がけてみてくださいね。続いて、「彼氏が毎日電話をしてきて困っている」女性に向けて、対処法を聞いてみましょう。

次ページ:専門家に聞いた! 「毎日電話する彼氏の心理」と「面倒なときの対処法」

SHARE