お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏の好きなところ10選。「俺のどこが好き?」と聞かれた時の答え方【アンケート調査】

ファナティック

男性の本音! 彼女に好きなところを言われるのはうれしい?

やはり彼氏の好きなところは直接言葉にして伝えたほうがよいのでしょうか? 彼女に好きなところを伝えてもらえたら嬉しいか、男性の本音をアンケート調査してみました。

Q.彼女が好きなところを伝えてくれたら喜ぶ?

1

嬉しい(77.9%)
嬉しくない(22.1%)
(※2)有効回答数389件

およそ8割近くの男性は、彼女に好きなところを言ってもらえたら「嬉しい」と考えているようです。たまには言葉にしてあげることで、彼氏を喜ばせることができるのかもしれませんね。

「俺の好きなところは?」に対する正解の回答5つ

それでは、彼氏が「俺の好きなところは?」と質問してきたとき、どのように答えるのがベストなのでしょうか。男性の意見を元に、どんな部分を好きだと言ってもらいたいのか、まとめてみました。(※2)

pexels-photo-186447

(1)自分が気づいてないところ

・「自分でも気づいてない気遣い! そんなこと気にもしてなかったけど、俺の知らなかったところを好きって言ってくれるとこ」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分が気づいてない、自分のいいところを言われたとき」(38歳/その他/事務系専門職)

自分でも気づいていないようなところを「好き」と言われると、喜ぶ男性は多いようですね。きっと、ちゃんと自分のことを見てくれているような気持ちになるのでしょう。

(2)外見よりも内面

・「性格が良いところなどを言ってほしい」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「性格が私に合っていると言ってもらいたいと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

見た目よりも性格を褒められると、彼女が自分のことを本当に好きだということがわかるはず。また、これは付き合っている彼女だからこそ知っている良さですよね。

(3)優しいところ

・「優しいなどの褒め言葉。かっこいいとかあまり言われないセリフはやめてほしい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「優しいことについて褒められると嬉しい」(29歳/情報・IT/その他)

「優しいところが好き」と言うのも効果的なのだとか。彼女に精一杯優しくしたことが報われた気持ちになるのでしょうか。

(4)頼りになるところ

・「頼りになると言われたらうれしい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「頼りになるなど。あとは性格や落ち着くなどの話をしてほしい」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

彼女から頼りになると言われると、男性としてはやはり嬉しく感じるのでは。彼女のために、より頑張ろうと思ってくれるかもしれませんね。

(5)真面目なところ

・「真面目で誠実で、一般的な男性よりも心が広いところ」(32歳/自動車関連/技術職)

・「真面目で他人思いなところがいい(と言われたい)」(30歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

彼女から「真面目だ」と言われるのは、男性にとって光栄なことのはず。真摯に向き合う気持ちが彼女に届いたようで、男性は安心するのでしょう。

◎「俺の好きなところは?」に対する正解の回答まとめ

自分で気づいていないような部分や、内面的な部分を男性は「好き」だと言われたい様子。「俺の好きなところは?」と聞かれたときは、ちゃんと彼氏のことを見ているのだということをしっかり伝えてあげてくださいね。

彼氏の好きなところは積極的に伝えるようにして

恋人のいる女性たちは、自分たちなりの「彼氏の好きなところ」を見つけているようですね。

また、彼氏が好きなところを聞いてくるときは、自信がなくなっていたり不安になっていたりときっとなんらかの感情やサインが隠れているはず。

彼氏の好きなところを積極的に伝えることで、彼を安心させられるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時2017年3月2日~2017年3月6日
調査人数:322人(22歳~34歳の恋人がいる女性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時2017年3月1日~2017年3月2日
調査人数:389人(22歳~39歳の男性)

(※3)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年10月25日~10月26日
調査人数:371人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年03月13日に公開されたものです

ファナティック (編集プロダクション)

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE