お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男子の本音! 「告白」する前に練習してる?

ファナティック

pak85_kouenkabedon20140301_tp_v多くの女性にとって「自分から告白する」という行為は、非常にハードルが高いものです。「もしできるなら、相手の方から……」なんて願う方も多いのではないでしょうか。しかし、「自分の気持ちを伝える」ということは、男性にとっても勇気が必要なことであるはず! 男性は告白の前に、「気持ちを伝える練習」をすることがあるのでしょうか。男性たちの具体的な経験談を紹介します。

■脳内シミュレーション

・「告白する内容をしっかりと伝えることや、こう言われたらこう言う、ということはあらかじめシミュレーションしておく」(35歳/電機/その他)

・「頭の中では繰り返し練習する」(28歳/その他/その他)

告白の言葉をしっかりと伝えるためには、まず脳内シミュレーションが必須かも……!? どんなことを伝えたいのか、あらかじめ考えておくことで、いざというときに慌てることも少なくなりそうですね。

■とにかく書く!

・「紙に書いて、練習したことがある。実際は頭真っ白になったけど」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「文章に起こして気持ちを高める」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

こちらは「考える」だけではなく、「とりあえず紙に書き出してみる」という意見です。脳内シミュレーションよりも、さらに情報を整理できるのかも……!?

■友だちを相手に

・「友だちを彼女に見立てて練習した」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

自分一人での練習には、限界があります。こちらは、友だちに協力を仰ぐ意見です。実際に「人」を前にして練習できるのは、かなりの強み。どんな風に聞こえるのか、冷静にジャッジしてもらえそうです。

■お酒の力で……

・「本当はダメな例だと思いますが、告白前にお酒の力を借りて滑舌をよくして告白しました」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「面と向かっては恥ずかしいので手紙やSNSで告白する。あとは居酒屋で飲んで緊張を和らげてノリで言う」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「フラれてもいいように、やけ酒の準備をした」(24歳/商社・卸/営業職)

「練習」とは言えないかもしれませんが、こんな事前準備をする方もいるよう。緊張してどうにもならない! という場合には、お酒の力を借りるのもアリかもしれません。自然な姿でリラックスして気持ちを伝えられることでしょう。

■練習しても無駄!?

・「練習をしても告白するときは頭が真っ白になると思うので、特に何もせず、素直に気持ちを伝えるようにしています」(38歳/その他/クリエイティブ職)

・「基本はアドリブ。そのとき、その状況に応じて対応するので、あらかじめ練習することなどしません」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

今回のアンケートで目立ったのが、「実は練習しても無駄」という意見です。告白する際には、必ず「相手」がいるもの。どれだけ練習を重ねたとしても、思い通りにいく方が珍しいのかもしれませんね。臨機応変に対応することも重要だと言えそうです。

■まとめ

男性にとっても、やはり「告白」は勇気が要るもの。かっこいい告白の裏で、「いっぱい練習をしてくれていたんだ!」と知ると、愛しい気持ちもより一層高まることでしょう。無事に彼氏・彼女の関係になれたら、告白前の気持ちについて聞いてみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数220件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]