お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

昇格できる? 男友達を「彼氏」にする方法

井上敬一

どうしたら2人の関係性は変わるの?

友達から恋人へ昇格できる女性と、友達止まりの女性のちがいとはなんでしょうか? 一番大きなちがいは、彼に興味関心を持っているか否かです。

「友達から恋人」に昇格できる女性の特徴って?

男性にスポットを当てた話をすることができる女性は、友達から恋人に昇格しやすいです。たとえば、「最近仕事どう?」「髪型変えたんだね」など、恋人になる確率が高くなります。反対に友達止まりの会話は、相手そのものではなく、趣味などの共通の興味対象の内容です。たとえば「この前行ったイベント楽しかったね」「この映画おもしろかったよ」などの話に留まるケース。昇格をしたければ、このちがいをしっかりと理解して会話を変える必要があります。

自分に対して本当に興味・関心を持ってくれていると感じれば、男性も心を開き、その女性を友達以上の存在だと意識します。自分にスポットを当ててくれない会話は、楽しいとは感じても、どこか本当の居場所がなく、異性として意識するきっかけを与えてられていないのです。

この話をすると「彼に興味・関心を持つなんて当たり前じゃない! もう持ってるわ!」という声が聞こえてきそうですが、大切なのはそれを彼が理解してくれているかどうかです。

そして気をつけなければならないのは、彼への興味・関心があると思いきや、実は自分がどう思われているか、彼は私にちゃんと興味を持っているかなど、気づかないうちに矢印が自分へ向いている人も多いです。そういう人も恋愛に発展する確率は低くなります。

では、どんな話をしたら彼との仲が深まるのでしょうか? 彼との会話の鉄則として、私がいつも伝えているのが「としこの法則」です。

彼との仲を深める会話の鉄則「としこの法則」

と:得意なこと
し:仕事のこと
こ:好物(食べ物、趣味、マイブーム)

この話題を振られて嫌がる男性はいないでしょう。彼自身に興味を持ち、彼の話をとことん聞く。それが友達から恋人になれる女性の条件だと私は思います。

たとえば「昔やってたスポーツは?」「最近仕事で順調なことは?」「昔読んでたマンガは何?」などと質問していくと、どれだけ無口な男性も、必ず口を開いてくれます。男性は女性特有の話題にはついていけませんが、自分のことであれば話せることも多いし、聞いてほしい生き物です。大切なのは、女性のほうからこの質問をすること。

「としこの法則」を上手に使うことで、相手に対して興味・関心を持っていると認識させることができます。

男性が女友達を意識する瞬間とは?

ルックスと香りを変える

男友達に女性として意識してもらうためのファーストステップは、「ルックス」「香り」を変えることです。

私は「男性のタイプの女性は“ネクスト”」と言っています。女性には失礼な話ですが、人間の究極の目的は種の保存、繁栄ですから、男性はとにかく数多くの種をいろいろな人に蒔くという本能があります。そう考えたときに惹かれるのは、次に会う新たな女性であるという意味です。なので、友達から恋人に昇格するためには「新しい女性」として認識させる必要があるのです。

まずは、見た目を変えてみましょう。ポイントはわかりやすく「明らかに」変えることです。彼の好きなファッション、髪型、色使いであればなおよしです。いつもの服とはイメージのちがうボディラインが出る服を着てみるなど、視覚に訴えるのが効果的です。

また、見た目だけではなく、香りを変えることも効果的です。男性が女性を強く意識するポイントは、女性らしい香りです。自分が好きな香りではなく、男性が好きな香りを選ぶのがおすすめです。

友達の延長線上で、恋愛関係に発展する確率は極めて低いので、今までとはちがう新しい女性だという錯覚効果を狙うことが大事です。

男性をドキッとさせるセリフを言う

見た目と香りを変えたら、次のステップでは、男性にさらに一歩踏み込んだアプローチを仕かけます。女性として意識してもらうために、男性をドキッとさせるセリフをピックアップしました。彼との会話に使ってみてください。

1.「家に来る?」

家に招くことで相手との物理的な距離が近づき、相手のパーソナルスペースに入り込みます。できればそのときに相手に「母性」を感じさせることを目指しましょう。男性は女性に対して「癒し」を感じたときに恋愛感情が芽生えることが多いです。彼の服をハンガーにかける、手際よく料理をするなど、普段とはちがう一面を見せることを意識しましょう。

2.「すごい!」

自分に対して感情表現が特別だったとき、男性は相手を意識します。大笑いをしてリアクションを取ったり、彼の話に「すごい!」と思い切り賞賛したりすることで、「あなたは特別」というメッセージになります。自分をナンバーワンにしてくれる女性を男性は恋愛対象として意識するのです。

3.「あなたの考え方が好き」

会話の中で「好き」というワードをわざと使うようにします。ストレートに「あなたが好き」とは言えないので、「あなたの考え方が好き」「あなたのセンスが好き」などのメッセージを伝えます。「好き」というワード自体に意味づけがされているので、男性は相手を友達からひとりの女性として意識しはじめます。男性に「もしかして俺のことが好きなのかな?」と思わせたら大成功です。

4.「初めて話すんだけど……」「こんな人初めて」

男性は「初めて」という言葉に弱い生き物です。自分のことを特別扱いしてくれた女性を、男性も特別に扱おうとします。たとえば、誰にも言えないような悩みを打ち明けたり、「あなたみたいな人は初めて」などと伝えていくと、男性はあなたを女性として意識するでしょう。

5.「○○さんって、変わってる」

ほかの人とはちがう、自分の特異性を認められることもオンリーワンの存在であるという意味で、彼の存在を肯定につなげることができます。

次ページ:「友達から恋人」になったカップルは長続きする?

SHARE