お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第52話 それって絶望的?

「それ、どっちと交際しても、
後で間違いなく後悔すると思うよ」
「え、なんで!」

本音を言うと、わたしは加奈から
「前田くんと付き合うといいよ」
という言葉を期待していた。

やさしいし、真面目だし、
何よりわたしのことがとても好きで、
大事にしてくれる。

どこか、ピンとこないけれど。
「この人だ!」って確証が持てないけれど。
……だからこそ加奈に「前田くんがいい」
と言って、背中を押してもらいたかった。

ハイボールで乾杯すると、
加奈は静かに再び口を開いた。

「この先さ、どっちと付き合っても、
長い目で見れば、
何かしらのトラブルは絶対おこるよ。
ケンカしたり、浮気されたり。
その時、どっちと付き合っても
『やっぱり、あっちがよかったかも』ってなる」

52

お役立ち情報[PR]