お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

チョコもいいけど! バレンタインデーに囁かれたい一言・6つ

ファナティック

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3バレンタインデーは片思い中の女子にとって一大イベント。これを機に意を決して告白する人もいることでしょう。チョコ以外に思いが伝わる言葉や手紙を添えれば、さらに思いが伝わりそう! 今回は男性のみなさんにチョコと一緒に贈られたら、うれしい言葉ついて聞いてみました!

(1)好き!

・「『好きだよ』。ストレートにうれしいから」(24歳/その他/その他)

・「『好き』とかシンプルな言葉。やっぱり言われるのはうれしい」(22歳/情報・IT/事務系専門職)

一番ストレートな愛の告白といえば、やっぱり「好き」の一言でしょうね。「好きです」なんてストレートに言われたら、男性たちも思いを受け止めずにはいられないかも!?

(2)いつもありがとう

・「義理の場合には、『いつもありがとう』と感謝の言葉があれば、受け取りやすいし、変な期待を持たなくてすむ」(25歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「『いつもありがとう』です。ストレートに伝えるのが一番だから」(26歳/その他/販売職・サービス系)

片思い中の彼に「それとなく好意だけでも伝えたい!」という人や、付き合っている彼にチョコを渡す場合は、感謝の気持ちを伝えると好感度は高くなるかもしれません。「ありがとう」と言われて不快感を抱く人はそうそういないでしょうからね。

(3)ツンデレ気味で

・「手作りだから、おいしくないよ! 愛情込めたけど」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

相手との距離感によっては、ちょっとツンデレ気味に伝えるのもいいかもしれませんね。明らかに照れ隠しとわかるツンデレ具合に、彼もキュンキュンしてしまうはず。

(4)謙虚に……

・「『口に合うかわからないけど、よかったら食べてください』。頑張って作ってくれた感が伝わる」(22歳/その他/その他)

ツンデレもいいですが、心の距離がそこまで近くない相手や年上の相手に渡す場合は、謙虚な言葉を添えたほうが、相手の心を揺さぶるパワーワードになるかもしれません。

(5)義理チョコアピール

・「義理だけどあげる」(24歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「義理チョコだからね!」(28歳/商社・卸/営業職)

こちらもツンデレ対応ですね。「義理チョコだから!」なんて言われていたのに中身は本気の本命チョコだったら、男性もそのギャップにどぎまぎしてしまうでしょう。

(6)頑張って作ったよ!

・「本命だったら、『一生懸命作ったの』と手作りを渡される」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『頑張って作りました』。手作りがうれしいから」(29歳/運輸・倉庫/専門職)

手作りチョコを嫌がる男性も若干いるそうですが、交際中の彼だったら、そこまで気にせず食べてくれるでしょう。きちんと頑張って作ったことを伝えたら、彼が感じるおいしさもきっとひとしおです。

<まとめ>

「恥ずかしいからチョコを渡すだけでメッセージなんて伝えられない!」などという人もいるかもしれませんが、ものだけでは思いはうまく伝わるかわかりません。相手に伝えたい言葉があるのならば、心を強く持ってはっきり伝えましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数304件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]