お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第48話 揺れる心

「前田くんは、何でもお見通しなのね」
わたしは軽い苦笑いでこたえる。
「お見通しも何も、そんなにおしゃれして、
なのに、すごく悲しそうな顔してたら、
誰だって『どうしたんだろう』って思うよ」

「実は……さっき彼にレストランで、
プロポーズされたの。承諾したんだけど……」
「それで?」
前田くんの体がぐらりと動いた。動揺してる?

「レストランを出たら、
この間話した女のコが外で待ち伏せしてて」
「えっ」
お店の人が海鮮丼をカウンターに置いたが、
前田くんは、そちらを見ようともしない。
わたしは話を続けた。

「彼が連絡を絶ったのが許せないって、
泣いて大声で彼を責めて、わたしのことも
『こんなブサイクのどこがいいのか』って」

「そんなことないよ!
伊藤さんはきれいだよ。おれが保証する」
前田くんにそう言われて、
わたしはやっと全身の緊張が解けた。

48

お役立ち情報[PR]