お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

突然抱きしめられた……「変質者による被害」体験談&目撃談・12選

ファナティック

露出をして街中をうろつくなど、私たちの身の回りには、意外と変質者が出没しているといいます。そんな変質者によって被害を受けたという人がまわりにいるか、男女それぞれに聞いてみました。

af9980004281w

<女性からの声>

■突然抱きつかれたり触られたりした

・「コンビニで買い物をした帰り、車に乗ったまま話しかけられた。道に迷ったので、教えてほしいと言われて、話を聞こうとしたら、抱きしめられて、恐怖を感じて急いで逃げた」(32歳女性/医療・福祉/専門職)

・「高校生のとき、自転車に乗っていると、後ろから来たバイクの人にお尻を触られた。通りすがりですぐ行ってしまったので何もできなかった」(30歳女性/建設・土木/事務系専門職)

帰り道などで突然、知らない人に触られたり抱きつかれたりするといった被害にあった女性もいるようです。こうしたタイプの変質者は、触ったりした後にすぐに姿を消してしまうため、なかなか捕まりにくいようです。

■露出するタイプの変質者に遭遇した

・「バスを降りて自宅まで歩く途中に下半身を出した男性に遭遇した」(30歳女性/その他/その他)

・「下半身を出している人がいた。いつも同じような時間帯で郵便局の前に。女性の反応を見て楽しんでいるようだったが誰も通報しなかったみたいで、5、6年は遭遇した。見せつけられるだけで、他に被害はないので、びっくりしていつも終わった」(33歳女性/その他/その他)

下半身などを露出するようなタイプの変質者に遭遇してしまったという女性もいるようです。こうしたタイプの変質者は、単に見せつけて女性が驚いたり怖がったりするのを見て喜ぶ傾向があるようですね。

■何がしたいのかわからない変質者も

・「昔バス通勤していたら、同じ会社で働いている子とバスで一緒になり、私が降りる所で乗ってくる男性が、女の子の髪を触るからその男性の前の席にならないようにしていると聞いたことがある」(31歳女性/その他/その他)

・「前の職場で、夏になると必ず職場の入り口のガラスの向こうで下半身を出して逃げていく人がいた。何度も来るので捕まえようと思ってドアを開けて追いかけたら、警察に危ないから追いかけるなと叱られた」(35歳女性/その他/その他)

明らかに行為をみると変質者であることは間違いないのですが、一体何をしたいのかわからないタイプの人もいます。ただ、被害にあった側からすると、不快感はもちろん恐怖心もあるので、捕まってほしいと思うのが本音ではないでしょうか?

<男性からの声>

■露出狂など見せたいタイプの変質者に狙われた

・「変質者というか分からないが、露出度が高い女装をしたおじさんを見たときは引いた」(32歳男性/情報・IT/技術職)

・「自分が小学生の頃、女性水着を着たおじさんに道で出くわした」(29歳男性/商社・卸/営業職)

露出狂タイプの変質者は、男女構わず見せつけることによって興奮する人が多いようです。自分よりも弱い立場のものを狙う傾向にあるので、女性に限らず男の子などの場合でも狙われる場合があるようです。

■男性であっても変質者に狙われる?

・「自転車に乗った中年にすれ違う際に胸を触られた」(31歳男性/電機/技術職)

・「満員電車の中で前に立っていた女性に股間を触られた」(26歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

女性と間違われた可能性もありますが、男性に胸を触られた経験のある男性もいるようです。また、女性に股間を触られるなど、いわゆる痴女被害にあったという男性もいるようですね。どちらも決してうれしいものではないでしょう。

■自分や身の回りの人が被害にあうことも

・「小学生時代、変態オヤジにいきなり、俺は世界中の言葉がしゃべれると声をかけられ面白くてついていったが、あとあと誘拐までしていたオヤジで、警察に捜査協力を依頼されて、ここらで隠れられる場所を聞かれ、近くの神社と答えたら本当にそこにいた。すぐに御用になっていた」(33歳男性/建設・土木/営業職)

・「自分の嫁が高校生の頃変質者につけられたことがあるらしい。友だちの家に駆け込んだらしい」(27歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

男性自身や、自分の身の回りの人が、変質者の被害に遭うケースもあるようです。中には、命の危険もあったであろう被害もあり、こうした犯罪が意外と身近であることを実感させられました。

■まとめ

変質者と聞くと、一見ただ露出するだけであったり、軽く触って逃げるといったイメージが強く、あまり危険度が高くないように思う方もいるかもしれません。しかし、こうした犯罪者は何を考えているのかわからない他、何度でも同じような行為を繰り返す習性があるため、思っているよりも危険なのです。見かけた場合は、決して追いかけたりせず、すぐに通報するようにしたほうがいいでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳~35歳の男性)、有効回答数218件(25歳~35歳の女性)

お役立ち情報[PR]