お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

内緒だけど……! 彼女には言えない「フェチ」な部分6つ

ファナティック

本当はフェチな部分があったとしても、なかなか恋人には打ち明けられないもの。もしバレてしまったら、変な人扱いされてしまうことも考えられますものね。彼女には言えない「フェチ」な部分について、男性にカミングアウトしてもらいました。
af9920045652m

おしり

・「おしり。街中でも女性のヒップラインに目がいってしまう」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「おしりフェチ。彼女のを見て好きになったから」(27歳/その他/その他)

おしりが大好きだという男性も多いのではないでしょうか。女性の歩いている後ろ姿を見ると、目が離せなくなっているのでしょうね。

太もも

・「太もも。スカート姿を見ているとうれしい」(39歳/その他/事務系専門職)

・「女性の太ももを見るのが大好き」(31歳/情報・IT/その他)

太ももフェチだという男性も少なくないようです。ムチムチした太ももを見ると、思わずさわりたくなってしまうのかもしれませんね。

・「胸フェチでお婆さんでも胸に目がいってしまうこと」(34歳/商社・卸/営業職)

・「胸。彼女は胸がないから」(31歳/不動産/事務系専門職)

やはり女性の胸は男性にとって特別なものかもしれません。自分にないパーツなだけあって、いろいろ願望を抱いているのでしょうね。

髪の毛

・「髪の毛。香りが好きだから」(35歳/建設・土木/営業職)

・「重度の髪フェチ。黙っててもバレるレベルだけど」(33歳/その他/事務系専門職)

髪の香りが好きだという人もいますよね。洗いたてのシャンプーの香りが好きだという人もいれば、頭皮の脂のニオイが好きだというマニアックな人もいるよう。

ニオイ

・「ニオイフェチ。好きな子ならどこのニオイも嗅ぎたい」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ニオイフェチです」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

ニオイフェチだという人も、かなりいるようです。女性にとっては気になるニオイであっても、それがたまらないと思うのでしょうね。

・「脚フェチ。細い脚、キレイなラインの脚が好きすぎる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「脚フェチ。彼女以外のも見ちゃう」(33歳/運輸・倉庫/その他)

女性の脚に弱いという男性も多いのでは。スラリと伸びたキレイな脚を見ると、フェチでなくても、つい見とれてしまうのかもしれませんね。

まとめ

女性に対して、実はこっそりフェチな部分があるという男性も多そうですね。彼女にバレると嫌われてしまうので、表面上には出さない男性もいるのではないでしょうか。特殊なパーツを好むようであれば、やはり引かれてしまうかもしれませんものね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月15日~2016年12月16日
調査人数:387人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE