お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

【男女別】本命にしか送らない「あけおめLINE」

今日で2016年も終わり。年が変わるタイミングや、元旦に気になる人に「あけおめLINE」を送る人も多いのではないでしょうか。気になる人から、そんなLINEが来たらうれしいですよね。では、「本命」にしか送らない「あけおめLINE」ってどんなものなのでしょう? 未婚の社会人男女に聞いてみました。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yk0i9a6202

■男性が年始に「本命女性」にしか送らないLINE

●日付が変わった瞬間に送る

・「日付が変わってすぐLINEをする」(34歳/学校・教育関連/その他)

・「0時になったら真っ先におめでとうメールを送ること」(34歳/商社・卸/営業職)

本命には元旦の午後とかではなく、日付が変わった瞬間にLINEを送るようです。誰よりも先に「あけましておめでとう」と伝えることで、自分のことをアピールして印象づけたいのかもしれませんね。

●初詣のお誘い

・「元日に一緒に初詣に行かない?と連絡する」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「あけましておめでとうって連絡の後に初詣誘う」(36歳/情報・IT/営業職)

初詣に行こうとLINEが年始にきたら、どうやら「本命」扱いのようですね。新年は大好きな相手と過ごしたいものです。

●そもそも本命にしか送らない

・「あけおめメールはわりと本命の女性にしか送らない」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「あけおめメールは本命だけにしている」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

本命にしか「あけおめLINE」は送らない意見も見られました。ということは、届いた時点で脈あり確定!?

■女性が年始に「本命男性」にしか送らないLINE

●0時ちょうどに送る

・「12時ジャストに、送る。誰よりも一番に送った感じで」(36歳/生保・損保/事務系専門職)

・「年明け12時ちょうどにLINEを送ること」(33歳/その他/その他)

年が変わるとともにLINEが送られてくると、特別な人に思われていると感じるのでは。まっ先に年始のあいさつをしたい相手は、やはり本命しかいませんものね。

●極力シンプルに

・「絵文字が極力少ないもの。スタンプだけも送らない」(36歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「ハートマークを入れない。逆に本音を言わない」(34歳/自動車関連/技術職)

・「絵文字がほぼ無し。スタンプもマジメに送る」(34歳/その他/その他)

本命へのLINEはハートマークたっぷりかと思いきや、極力シンプルにマジメに送りたいと思っている人が多くいました。年賀状により近い感覚のものを、本命には届けたいようですね。

●具体的な約束を取り付ける

・「何時に会えるとか計画的にメールする」(26歳/小売店T/販売職・サービス系)

・「次のデートの約束よ今年行きたいところなど具体的なものを確実に送る」(35歳/その他/その他)

具体的なデートの約束を取り付ける、という意見も。本命だからこそ、次のデートを確実に実行したいもの。そんな具体的な誘いを年始のLINEには盛り込むようですね。

■まとめ

男性と女性が「本命」にしか年始に送らないLINEについて答えてくれました。共通していたのは、「年が変わった瞬間のLINE」と「初詣など、具体的な次のデートの約束」といったものでした。そんなメールがもし意中の相手から来たら、来年は本命扱いを受けられるかもしれませんよ。楽しみですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数206件(25歳~36歳の男性)、有効回答数207件(25歳~36歳の女性)

お役立ち情報[PR]