お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

育ちの悪さがバレバレ! 彼の実家で「絶対やってはいけないこと」6つ

ファナティック

彼との仲が深まれば、実家にお呼ばれすることもあるのではないでしょうか? そんな彼の実家にお邪魔したとき、「絶対やってはいけないこと」はどのようなことがあるか、女性たちに聞いてみました。

彼の実家での対応

■手土産を持参しない

・「手土産なしで、突然訪問する」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「手土産を持って行かないのはダメだと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

何度目かの訪問だとしても、手土産を持参しないのはNGですよね。地元の名産や彼の家族の好きそうなお菓子など、マナーとして持参して行くと喜ばれることでしょう。

■だらしない座り方をする

・「あぐらをかいて座るなど、行儀の悪いこと」(27歳/その他/専門職)

・「あぐらをかいて座ること。イメージが悪いから」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

あぐらや立て膝など、行儀の悪い座り方は、だらしなく見えるうえに育ちの悪さを感じさせてしまいますよね。できれば正座で、崩していいと言われた場合には少し崩すくらいはOKかもしれませんね。

■冷蔵庫を勝手に開ける

・「勝手に冷蔵庫を開けること。ありえない」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「彼の実家の冷蔵庫を勝手に開けて食べること。行儀の悪さに呆れられそうだから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼の実家の冷蔵庫を勝手に開けるのは、絶対にしてはいけないですよね。飲み物がほしかったとしても、これは非常に失礼にあたる行為。せめて一言声をかけて、許可を取ってからいただきましょう。

■汚い言葉を使う

・「口の悪い言葉を使うと悪印象だと思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「汚い言葉使いをすること。育ちが悪いと思われてしまう」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

変にかしこまりすぎる必要もないかとは思いますが、思わず顔をしかめてしまうほど汚い言葉を使うのはNGですね。普段からそうした言葉を使う女性は、こういうときもつい口から出てしまいがちですので、注意するようにしましょう。

■彼の家族に馴れ馴れしく接する

・「マナーをまちがえること。馴れ馴れしく接すること」(28歳/機械・精密機器/(法務・財)

・「彼のご両親に対して馴れ馴れしい言葉使いをする。基本的な礼儀がなっていないと思われるから」(31歳/その他/その他)

彼の家族と仲良くなろうと、フレンドリーな対応をする女性もいるようですが、仲良くしようとする姿勢と馴れ馴れしい態度はちがいますよね。節度のある接し方を心がけるようにしましょう。

■彼をあだ名や呼び捨てで呼ぶ

・「彼をあだ名で呼ぶこと。『さん』づけで呼ぶのがマナーだと思うので」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「彼の名前を呼び捨てで呼ぶ。家族はよく思わないから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

彼の実家へ行った際は、彼のことは『さん』づけや『くん』づけで呼ぶのが望ましいでしょう。まちがっても、あだ名や呼び捨てで呼んだりすることのないよう気をつけたいところ。

■まとめ

彼の実家へ初めてときは、粗相のないようにと、非常に緊張するものです。彼は「うちの親はそういうの気にしないから」と言うかもしれませんが、実際には気にすることが多いもの。言葉使いや基本的なマナーには十分に気をつけて、節度ある態度で行動するようにしましょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日~12月18日
調査人数:106人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]