お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

うわっ、詐欺でしょ! 結婚後に、妻が感じた「夫の劣化」6つ

ファナティック

恋人時代とまったく同じというわけにはいかない夫婦の関係。もちろん、お互いに多少の変化は想定内ではあるものの、予想以上に夫が変化したことで「だまされた!」という気になることも。今回は、既婚女性たちが結婚後に感じた「夫の劣化」について聞いてみましょう。

パンを食べる男性

■太った!

・「たった一年で激太りしたこと。自分が作った料理でなく、仕事帰りの飲みが原因」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「結婚して20キロ以上太った。出産したのこっちなのに。詐欺」(30歳/その他/その他)

結婚してから太る男性は少なくありませんが、激太りされると「詐欺」と言いたくなる女性も。容姿の変化はもちろん、急激に太ったことで健康への影響が大きそうなところも妻としては心配ですよね。

■愛情表現をしてくれない

・「結婚前はマメにメールをくれていたのが、毎日一緒だからと、メールを一切くれなくなったこと」(24歳/その他/その他)

・「どんどん自分への愛情表現が少なくなる」(28歳/その他/その他)

結婚したら自分のものになったつもりでいるのか、夫から愛情表現をされなくなったという人もいるようです。でも、夫婦の関係を円満に保つためには、いつまでも「愛している」という気持ちを相手に伝えることは大事ですよね。

■やさしさが減った

・「やさしさが減った。もう少しやさしかったのに」(24歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「やさしかったのに、今はちょい厳しくなったところです」(26歳/その他/その他)

結婚前は無理していたのか、それとも結婚後の妻としての自分に至らないところがあるのか……。夫のやさしさが減ったと感じている人も。自分のための厳しさならうれしいけれど、夫の本性が結婚後の姿ならだまされたと感じても仕方ないかもしれませんね。

■実はインドア派

・「あまり外に出かけなくなったこと。大体引きこもり」(33歳/その他/その他)

・「ちょっとダラダラしているところ」(30歳/学校・教育関連/専門職)

恋人時代はデートでしょっちゅう外出していたのに、結婚したら家でダラダラしているだけ。出かけなくても、妻として一緒に家にいることで安心しているのかもしれませんが、たまには恋人同士のようにデートを楽しみたいですよね。

■甘えキャラだった

・「外で会っているときはしっかりしていたのに、結婚したら甘えキャラ」(31歳/その他/その他)

・「いつまでも5歳児のような気分で甘えてくる。結婚前はそんなことはなかった」(28歳/自動車関連/その他)

男らしくて頼もしいと思っていた夫が、実は甘えキャラでガッカリという人も。でも、考え方を変えてみると、妻という存在だからこそ甘えられるということも。外でがんばっている男性にとって、家はホッとくつろげる場所なのかもしれませんね。

■ドキドキしなくなった

・「女性扱いされなくなった。女性として見てもらえないので、こちらも常にスッピン部屋着でますます女性でなくなっていってる」(28歳/その他/その他)

・「お互いにドキドキがなくなるのが早かった」(26歳/その他/その他)

夫が女性扱いしてくれないせいで、女性らしく振る舞おうという気持ちがなくなった結果、2人の間にドキドキがなくなってしまった。お互いへのドキドキがなくなると夫婦としてのマンネリも感じてしまいそうですね。

■まとめ

夫がこんなに劣化するとは思わなかったと嘆く女性たち。結婚前はいつまでも自分にとって、最高の男性でいてくれる、ずっと変わらないでいてくれると信じていたのでしょう。夫の変化を愚痴るだけでなく、自分自身も「劣化した」と思われない努力が必要かも。お互いが意識的に努力することで、前のような関係が取り戻せるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:100人(23歳〜34歳の既婚女性)

お役立ち情報[PR]