お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【男子へのお願い】理解してもらいたい生理の辛さ6つ

ファナティック

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%82%a4女性の心と身体を振りまわす毎月の生理。とても大切なものだと頭では分かっていても……、生理時期の変化に心と身体がついていかないこともありますよね。大変な時期だからこそ、周囲の男性にも理解していただきたいことはありませんか? 女性たちにホンネを聞いてみました。

■つらいです……!

・「見た目は普通でも、ものすごくしんどいんだということ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「見た目には分からないけど、体調不良になりやすいこと」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

表面上は、ごく普通に見えるかもしれませんが、体調的には最悪な時期。分かりやすい症状が出るわけではありませんが、思いやりから理解していただきたいところです。生理でつらい女性に対して「はぁ!?」なんて言わないでください。

■イライラ

・「生理中はイライラすることを理解してほしい」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「生理前は本当にイライラする。『生理前だから』という理由だけで許してほしい」(33歳/生保・損保/専門職)

普段ならスルーできる事柄でも、この時期だけは無理!なんてことも多いものです。ケンカをしたいわけではなく、感情のコントロールが難しくなっていることを分かってください。つっかかるようなことを言っても、本心ではない可能性も。生理が終わり、落ち着いた頃合いを見計らって、もう一度確認するのがオススメですよ。

■ハイ&ロー

・「気分の上がり下がりがすごいので、そっとしておいてほしい」(33歳/不動産/専門職)

・「生理前に、気持ちの浮き沈みが激しくなること。そうなると、自分でもコントロールが難しいので温かい目で見てもらいたい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

さっきまでテンションが高かったはずなのに、もう泣いている!なんてこともあるかもしれませんが、大目に見てほしいかも……!? 女性の気分が安定しないのは、ホルモンバランスのため。「もしかしてヤバイのかも!?」なんて、心配する必要はありません。

■頭痛

・「頭痛がひどい」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

えっ、生理で? と驚いてしまいそうですが、頭痛に悩む方は決して少なくありません。頭痛の種類によって対処法は異なりますが、テキパキ動くのは難しいもの。「ゆっくりしてていいよ」の一言がうれしいです!

■その他にも……

・「眠気やニオイが出るのは仕方ないです」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「食欲が増すこと、異様に眠たくなること」(34歳/金融・証券/営業職)

イライラや気分の不安定さ、体調不良は、ある程度男性にも知られているポイントです。しかしそれ以外にも、女性たちが気にしているポイントは多数あります。すべてを理解し、相手を気遣うのは難しいかもしれませんが、頭には入れておいていただきたいです。

■お願いします。

・「歩きまわらずに、早めに家に帰らせてほしい」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

デートを楽しみたい気持ちは彼女も同じ。しかしそれが難しいのが、生理中の現実です。「え!? 今来たばかりなのに……!」なんて言わず、気持ちよく帰してくださいね。

■まとめ

生理前後や生理中の変化について、男性に理解しておいていただきたい点は、多数あります。経験できない以上、完璧に理解するのは難しいかもしれません。こんなときには、せめて思いやりだけでも見せていただきたいところです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数97件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]