お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

いつまでも若いつもり? ドン引きした「イタすぎる女友だち」6つ

ファナティック

自分とあまり年齢のちがわない女友だちが妙に若作りしていると、友だちとして「それはちょっと……」と言いたくなることもありますよね。若々しくいたいのはわかるけれど、イタいと思われるような若作りはやり過ぎ。そこで今回は、若いつもりの女友だちにドン引きした経験について、働く女性たちに聞いてみました。

a0001_012464_m

■メイクだけが若い

・「ラメラメの目元がまぶしすぎるのはイタい」(33歳/その他/事務系専門職)

・「いつまでも若いころのチークをしていてイタかった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分も若いころにはそういうメイクをしていたなと懐かしく思うようなメイクをいまだにしている女友だち。年齢と共に似合うメイクも変わっていくことに気づいていないのかと思ってしまいそうですね。

■ミニスカートで脚見せ

・「いつもかなり短いスカートを履いている子がいて、逆に尊敬してしまうことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「33歳の友だちが、フリフリのピンクのミニスカートを履いて、ハイソックスを合わせていてビックリする」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

堂々とミニスカートで脚を見せられるのはうらやましいけれど、フリフリミニの若作り過ぎる友だちには引いてしまうという女性も。似合っていればいいとはいえ実年齢を知っている友だちとしてはビックリさせられることもありそうですね。

■まだモテると思っている

・「まだモテると思ってるのか、すぐ別れる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「アラサーも中盤。自分のレベルや市場価値の低さを自覚せず、今でも年収1,000万円以上の男を探し求めている。まわりはとっくに結婚して子どもまでいるけれど、その子だけ『今度合コン行くの~♪』といまだにスタート地点の話」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

男性選びの基準が厳しく、自分はまだまだモテるという自信があるせいか彼氏を次々と変えたり、合コンざんまいだったり。そろそろ落ち着いたほうがいいのでは、とお節介を焼きたくなることもあるかもしれませんね。

■自分を名前で呼ぶ

・「自分のことを『あさみね~』と名前で呼ぶ36歳」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「自分のことをあだ名で呼ぶ」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

子どもが自分のことを名前やあだ名で呼ぶのはかわいいけれど、大人の女性としては不似合い。いくら親しい友だち同士でも、社会人女性が自分を名前で呼んでいたらドン引きしてしまいますよね。

■女子高生の格好をまねる

・「女子高生の格好で東京ディズニーランド。さすがに30歳近くで女子高生の格好は似合わないし、本物の女子高生があふれているとこだと、なおさら目立つ」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「今も子どものころはやったパーカーを着ている女友だちがいて、イタいなと感じてる」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

若いころの洋服が着られる体系を維持しているのはスゴイ! でも、確実に年齢を重ねているのだから、いまだにその洋服を着るのは止めたほうが……と思ってしまいそう。アラサーで女子高生の格好となると、オシャレというよりコスプレになりそうですよね。

■いまだに天然キャラ

・「30歳過ぎてるのに、天然キャラをやめない子は本当に痛々しい。『あのMってなぁに?』って『お前、地下鉄乗ってきただろボケ』と思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「いつまでもぶりっ子していて気持ち悪かった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

天然女子が男性にウケるという思い込みのせいか、ずっと天然キャラを押し通している友だちがイタい。確かに、かわいらしく思ってくれる人もいるかもしれませんが、大人の女性としての魅力は感じられませんよね。

■まとめ

若いつもりでいるというより、大人になりきれていない女友だち。そろそろ、年齢を自覚したほうがいいのにと思うことも多いようですね。ほかに「しゃべり方が落ち着かない人。もっと年を考えて!」(31歳/その他/販売職・サービス系)、「いつまでも若さアピールをまわりの人にしていて、『そろそろ大人っぽい発言をしたほうがいい』と思った」(25歳/その他/事務系専門職)と落ち着きのない友だちに対して、年相応にとアドバイスしたくなる人も。若々しくいたいという気持ちだけが先走ると、親しい友だちにもイタい人だと思われてしまうようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日~12月8日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]