お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘアスタイル

クーポン大好き! 特典満載の「初回来店を繰り返す女子」の印象・6選

ファナティック

割引や特典付きのクーポンを食事や買い物で活用しているという女性も多いですよね。でも、クーポンを利用できる店に一度行くだけで終わってしまうという割り切った使い方には賛否両論あるようです。そこで今回は、初回特典のクーポンを利用する女性に対して思うことを同性目線で語ってもらいました。

51d9eda089610ab0facb3dd8457b197f_s

■貧乏くさい

・「貧乏くさくてあまりかっこよくないなと思う」(25歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「多少みみっちいし、みっともなくて嫌だなと思う」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

クーポンの割引目当てにお店に行くというのは、ちょっと貧乏くさいと思ってしまう女性もいるようです。確かに割引額が小さかったりすると、その程度に目の色変える必要があるのかと感じる人はいそうですね。

■使えるものは使うべき

・「全然いいじゃないですか。使えるものは使わないと。そこだけに固執する時代ではないかと」(25歳/金融・証券/営業職)

・「別に安く済むんだったらそれでいいと思う。使えるものは使うべきだから」(28歳/医療・福祉/専門職)

お店としてもクーポンを利用して来店を促すという目的は果たせているし、使う側としては節約できる。使えるものを上手に使うというのは、特におかしなことではないという意見もあるようです。

■倹約家

・「しっかりしていて将来いい奥さんになりそうです」(23歳/その他/その他)

・「節約を意識してるいい子だと思う。お金は大切だから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

1回の割引額が少なかったとしてもクーポンがあることで安くなるのなら使わないと損。節約を意識した生活をしているのなら、せっかくの割引のチャンスを逃すことはないですよね。金銭感覚がしっかりしているという見方もできそうです。

■気にいればリピーターになる

・「いいと思う。本当に気に入ったお店なら、もう一度行くと思うから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「別にいいと思う。また来たいと思われない店が問題」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

最初はクーポンがあるからという来店理由だったとしても、そのお店が気にいればリピーターになる可能性もある。むしろ初回特典だけでしか利用してもらえないお店に問題があるのでは、という女性もいるようですね。

■いろいろなお店を試すチャンス

・「いろいろなお店を開拓できるのでいいと思います」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いろいろな経験をすることはいいと思うので、1回でもいいと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

クーポンがあるから今まで行ったことがない店にも行ってみようかなと思うこともありますよね。自分に合ったお店を見つけるためには、新規開拓しようという気持ちも大事。クーポンはその動機付けにもなりそうですね。

■自分自身も同じ

・「いいと思う。私もクーポン大好きだから」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「ありだと思う。私もお金ないからそうするし」(25歳/建設・土木/販売職・サービス系)

自分自身もクーポンが好きで活用しているので、初回だけ来店する女性に対して特に悪い印象はないという人も。逆にこういう人が多いということがわかれば、自分自身も安心して使えるのかもしれませんね。

■まとめ

クーポンにこだわるのは貧乏くさいという女性もいるものの、クーポンを使ってお得にいろいろなお店を試しているという意味では肯定的な意見のほうが多そうですね。ただ「フリーペーパーを活用することは悪いことではないと思う。あまりこだわりがないようにも思える」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)、「そんなに活用して、毎回別の店に行くなんて、慌ただしくて大変そう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)というように、食事やお店へのこだわりがないのかなと思われることも。クーポンを利用するかどうかは、一緒にいる相手に合わせるようにしておくと、お互いにモヤモヤせずに済むかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日~12月8日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]