お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘルスケア

もう最悪……。生理中、デリケートになる部分5つ

ファナティック

ホルモンバランスの乱れにより、いつもより体調が崩れやすい生理中。肌が荒れたり、むくんだり……。普段は気にしないような部分のトラブルに困ってしまうこともありますよね。そこで今回は、女性のみなさんに「生理中、デリケートになる部分」を教えてもらいました。

saya16031118img_9857_tp_v-1

(1)デリケートゾーン

・「デリケートゾーンが痛くなってきます。こすれたり蒸れたりのせい」(33歳/その他/その他)

・「デリケートゾーン。蒸れてかゆくなるので」(26歳/医療・福祉/専門職)

デリケートゾーンにかゆみを感じて悩む女性は多いはず。生理用品をつけたままにしているのも、理由のひとつかもしれませんね。生理用品はこまめに交換し、常に清潔な状態に保てるといいですね。

(2)おなか

・「おなか。冷えてしまうのでホッカイロや腹巻きが欠かせない」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「おなか。緩くなったり、便秘になったり」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

生理中は腹痛が激しいという人もいますよね。冷えてしまうと、より痛みが増してしまうので、常にあたためるように努力しているようです。また、生理痛だけでなく便秘や下痢の症状を抱えている女性もいました。

(3)胸

・「胸。張っていて、痛みがあるから、少し触れるだけでも痛いことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「胸が張るので、触ると少し痛い」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

胸が張って仕方ないという人も、中にはいますよね。ひどい人になると、触れるだけで痛みを感じるので、ブラをするのにも困ってしまうことがあるのでは。生理中、気になる体の変化のひとつでしょう。

(4)顔

・「顔が敏感肌になりやすくなるのが大変」(33歳/その他/事務系専門職)

・「顔の肌。少しの刺激でピリピリするから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

生理中は肌も特にデリケートになっていますよね。ニキビができやすくなったり、敏感肌になっていて、ピリピリ痛むことも。ホルモンバランスの乱れを感じる瞬間でもあります。

(5)お尻

・「お尻。肌荒れしやすいから気にしてしまう」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「お尻。蒸れて気持ち悪い感じがするから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

ナプキンをつけたままにしておくと、デリケートゾーンだけでなく、お尻のほうまで蒸れやすくなってくるもの。それが原因で、肌が荒れてしまうこともありますものね。専用のボディソープで洗うなど、ケアをしっかり心がけたいものです。

<まとめ>

体中のいろんな部位に、生理中は影響を与えているようですね。生理中はいつもより食欲が増し、普段より甘いものを食べてしまったり、暴飲暴食したりしてしまうこともあるもの。それが原因で肌荒れとなることもありますので、なるべく気持ちをコントロールして、上手に付き合っていきたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年11月09日
調査人数:128人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]