お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

黒いから見ないでぇっ! 女子に聞いた「汚い体のパーツ」・6つ

ファナティック

自分の体に対して、何ひとつコンプレックスがない、という人のほうが、きっと少ないのではないでしょうか? 誰だってひとつや2つ、人には言えないある欠点があるはず。では、働く女子たちが「汚いな……」と感じている自分の体のパーツについて、くわしく語ってもらいましょう。

■肘

・「肘。カサカサしていて黒ずんでいるから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「肘。どんなにケアしても、黒ずんでいる気がする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分ではなかなか気づけない場所ですが、ふとした瞬間に鏡を見て、自分の肘の黒さに驚いた人もいるはず。夏場は肘を出す機会が多いので、恥ずかしい思いをしないためにも、日ごろからケアをしておきたいですよね。

■歯

・「歯に歯石がつきやすいのが悩み」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「歯が黄色いこと、虫歯が多いこと」(23歳/建設・土木/技術職)

ニコッと笑った瞬間、自分の汚い歯に相手がドン引きしてしまったら……。なかなか悲しいものがありますよね。歯石も歯の黄ばみも、歯医者でケアしてもらうといいかもしれませんね。

■ワキ

・「ワキの下。処理が完璧にできていないし、抜いたり剃ったりすることで肌も荒れてるから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ワキ。洗ってもニオイがとれないので……」(27歳/自動車関連/営業職)

脱毛してツルツルピカピカ! という人もいれば、自己処理をしているため、お肌のトラブルから逃げ出せないという人も……。また、ニオイも気になる場所なので、デオドラントは必須ですね。

■足

・「足。ひび割れてるし、いつも足がにおっているので汚いと思う」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「足の裏。角質が硬くなっているし、におうから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

乾燥や角質だけでなく、ニオイの問題も根深い足。ブーツを脱いだときに、「くさっ!」となるのは避けたいので、ニオイのケアには十分気をつけたいですね。

■へそ

・「おへそ。すぐに汚くなるのでちょくちょく掃除しなきゃなのについ忘れてしまいがち」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「おへそのごまがにおう気がする」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

見落としがちなところですが、おへそも手入れを怠るとニオイやすい部位のひとつ。ただ、自己流でケアをすると、肌が傷ついてしまう可能性もあるので、正しい手入れを心がけたいですね。

■デリケートゾーン

・「デリケートゾーン。脱毛していないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「デリケートゾーン。あまり洗い切れていないと思うから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

その名の通り、デリケートゾーンはとても繊細。まちがった洗い方をして、不潔な状態になってしまうことも……。

■まとめ

いかがでしたか? みなさん、いろいろな体の悩みを抱えているようですね。しかし、コンプレックスを受け入れることが大切なのではないでしょうか。チャームポイントに変わるよう、自分磨きをするといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日~11月21日
調査人数:100人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]