お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘルスケア

“生理的に”ムリっ! 生理中、なぜか「嫌い」になるもの6つ

ファナティック

生理中は体調の変化が訪れ、いつもより精神面が不安定になってしまうこともあるもの。いつもは大好きなものが、なぜか嫌いになってしまうことさえありますよね。では、女性たちが「生理中になぜか嫌いになるもの」とは? 本音をぶっちゃけてもらいました。

af9940089744w

(1)人付き合い

・「人と触れ合うこと。なんだか人に近づきたくなくなる」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「人間付き合い。疲れるし、イライラするから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

生理中は気持ちが落ち着かず、常にイライラしがちですよね。そんなときは人と会うことすら面倒に感じてしまうこともあるのではないでしょうか。態度が悪くなり、周囲に誤解されがちな生理中。あえて人との距離を置くのも賢い選択かもしれません。

(2)彼氏

・「彼氏。小さなことですぐにしゃくに障るから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

親しい人ほど、イライラしているときは八つ当たりをしやすいもの。彼氏だと気を遣うことがないので、ストレートに気持ちをぶつけてしまいそうですよね。大好きな存在が突然嫌いになることがある、それが生理なのです。

(3)動き回ること

・「動くことが嫌いになる。体がだるくなるので眠くなる」(27歳/自動車関連/営業職)

・「動くのがしんどいので、おでかけとか嫌になることがあります」(29歳/医療・福祉/専門職)

いつもは運動するのが大好きな人でも、生理中ばかりはそうもいきませんよね。特に生理痛がひどい人になると、動くのもつらいことが。アクティブな女性もこのときばかりは、家に引きこもり気味になるようです……。

(4)お風呂

・「お風呂。入るのが面倒なので、普段は好きだけれど嫌いになる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「お風呂。きれいにしなきゃと思いつつ面倒になる」(26歳/医療・福祉/専門職)

お風呂が大好きな人でも、生理中だけはなぜか面倒くさがりになってしまうことが。とはいえ、生理中は清潔にしておきたいので、せめてシャワーだけでも浴びるようにしたいですよね。

(5)においのキツいもの

・「においの強いもの。食欲が落ちる感じがします」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「においがキツいものが嫌いになる。柔軟剤のにおいがする服とか」(32歳/自動車関連/技術職)

生理中はにおいに敏感になってしまう人もいるようですね。いつもは気にならないようなにおいでも、生理中は気持ち悪くなってしまうことも。「妊娠したらこんな感じなのかな……」と思う瞬間です。

(6)魚

・「魚。生臭いものが嫌になるからだと思う」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「魚。においがキツくて嫌いになるから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

魚は生臭さが鼻についてしまうため、においに敏感になっている生理中は遠慮したいという人も多いかもしれませんね。普段はなんてことない食材も、生理中は嫌いになってしまうことがあるようです。

<まとめ>

生理中は、自分でも気持ちをコントロールできなくて、困ってしまうことがありますよね。普段は大好きだと思っていても、生理中はなぜか苦手になってしまうことが。この期間はあまり無理せず、終わってから存分に活動するといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年11月09日
調査人数:128人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]