お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

もういやぁっ……! 受けるのが恥ずかしい検査6つ

ファナティック

自身の健康を守るためには、各種検診も上手に活用したいところ。たとえ体内に大きな病気が潜んでいたとしても……早期発見できれば、治療の幅も広がるはず! ところが、女性たちにとって「受けるのが恥ずかしい!」と思ってしまう検査もあるようで……。女性たちが恥ずかしいと思ってしまう検査について、具体的な理由とともに教えてもらいました。

■子宮がん検診

・「子宮がんの検査。婦人科で受けたんだけど、先生に足をひらかされたのは恥ずかしかった」(28歳/金融・証券/営業職)

・「婦人科の検診。デリケートゾーンを見せること」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「内診。顔が見えないとはいえ、彼氏以外に見せることがない部分なので」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

子宮頸がんや子宮体がんは、若い世代の女性にとっても他人事ではありません。2年に一度の検診を受けるのが望ましいとされていますが、そのインパクトは絶大です! まさかこんな格好をするなんて……!? 婦人科の内診に慣れていない方にとっては、衝撃の連続でしょう。

■性病検査

・「性病。検査自体も恥ずかしいし、検査を受けることになった経緯も恥ずかしい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「性病検査。変なことをしたと疑われそうだから」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

検査の内容も恥ずかしいですが、それ以上に周囲の目線が恥ずかしいという意見が目立ちました。とはいえ、放っておいていいことはひとつもありません。相手は専門家なので、さくっと検査を終わらせましょう。

■乳がん検診

・「乳がん検診。触診などがあって恥ずかしいから」(25歳/その他/事務系専門職)

・「乳がんの検診はなんとなく恥ずかしい」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

こちらも女性にとってはデリケートな部位です。「見せる、触られる」のに抵抗があるのもあたりまえかもしれません。しかし、自身の体を守るためには重要なこと。大切なバストを守るため、と割り切ったほうがいいですよね。

■検尿・検便

・「検尿や検便。取るのが恥ずかしいので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「職場の尿検査。男女同じところでやるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

検尿や検便は、各種検診で定番のメニューです。ほかの検査内容と比較すると、自身の体に触れられることがないぶん、恥ずかしさも低めのように思えるのですが……。検査をする場所や周囲への配慮によって、心理的抵抗も少なくなりそうです。

■大腸がん検診

・「直腸検査。お尻から手を入れられるのは恥ずかしいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

想像するだけで、思わず「うっ!」と声が出てしまいそうな意見もありました。大腸がんは、日本人女性にも増えている病気。ちょっとのガマンが必要です。

■自分の弱みを……?

・「歯科検診。虫歯がたくさんあるから」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「健康診断の腹囲測定。少しへこませているのも、バレバレだと思うから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

身体の不具合を見つけるための各種検査ですが、「誰よりも自分が痛感している!」という場合にも、恥ずかしさを抱く方が多いようです。恥ずかしい思いをするのが嫌なら、きちんと治療を受けたり努力をしたり……自身の意識向上が必要だと言えそうです。

<まとめ>

検査の中には「恥ずかしい!」と思ってしまうものもありますが、自分の健康を守るためには、どれも必要なものばかり。自分自身をメンテナンスするつもりで、積極的に受けてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日~2016年11月29日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]