お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

バレてんだよ! 男子が「子ども嫌いな女子」にきづく瞬間・6つ

ファナティック

a1640_000331_m2

「子どもが嫌い」と公言してしまうとあまりいい印象を持たれなさそうな気がしますよね。そのせいか、子どもが嫌いなことを隠しているという人も少なくありませんが、周囲の人からはちょっとした言動であっさり見抜かれているようです。今回は女性の子ども嫌いを確信する瞬間について男性たちに聞いてみました。

■子どもが騒ぐと

・「子どもが騒いでるのを見て、険しい顔をしていた」(34歳/電機/技術職)

・「電車内で子どもが騒いでいると不機嫌になる」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

突然、走りだしたり、大声ではしゃいだり。電車の中や人混みなどでも子どもの言動に驚かされることは少なくありませんが、子ども嫌いな女性だとそれを見て不機嫌になることも。子どもだから仕方ないと思えないのは子ども嫌いな証拠だと思われるようですね。

■子どもが泣くと

・「泣き出す子どもに嫌悪している女」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「ちょっと赤ちゃんが泣いていたらイヤな顔をする」(31歳/情報・IT/営業職)

赤ちゃんや小さな子どもは自分の気持ちをうまく伝えられずに泣き出すことも多いですよね。でも、それも一時的なもので子どもであれば誰でも同じ。それを見て露骨に表情が変わる女性は、男性からすると子ども嫌いとしか思えないのでしょうね。

■子どもといても笑顔がない

・「接していても笑顔がないとかうるさいと言っている」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「かわいいとか言いつつ、目が笑ってない」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

かわいらしい子どもと接していたら自然と笑顔が出てくるはずなのに、なぜか無表情。できれば相手をしたくないという気持ちが表情に表れていると、子ども嫌いを隠しきれないようですね。

■子どもが話しかけてきても

・「見知らぬ子どもが話しかけたりしてきてるのに無視してるとき」(37歳/情報・IT/技術職)

・「子どもが近づいてきても、完全に無視」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

普通なら子どもが話しかけてきたときは、子どもの目線まで下りて優しく対応してあげそうな場面でも完璧に無視。大人相手でもしなさそうな対応を平気で子どもにできるというのは、優しさにかけるかもしれませんね。

■子どものイタズラにマジ切れ

・「小さい子がしたイタズラにマジギレしてるのを見たとき」(37歳/情報・IT/技術職)

・「子どもが汚したりしたときに過剰に反応している」(32歳/電機/技術職)

子どもだからといって何でも許せるというわけではないにしても、子どもがしたイタズラに対してマジ切れというのは大人げないかも。冷静に相手ができないのは、子どものことを嫌っているからだなと思われるようですね。

■子どもがいる場所を避ける

・「子どもが行きそうな場所にはまず行きたがらない」(30歳/その他/その他)

・「あまり子どもが多いところに行きたがらない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

子ども嫌いを無理して隠さずにいるためには、子どものいないところで過ごすのが一番。デートのときなどに子どもがいそうな場所をかたくなに避ける女性は、子ども嫌いなことを悟られないようにしているのではと勘繰られてしまうみたいですね。

■まとめ

一般的に「子どもには優しくするもの」という考えがあるせいか、子どもに冷たい態度を取る女性は子ども嫌いだと思われることも多そう。もちろん、子ども嫌いが悪いわけではありませんが、男性の中には、子ども嫌いな女性にいい印象を持たない人も少なくはないようです。下手に隠すよりも「子どもの相手に慣れてなくて」と言葉を濁しておくくらいでちょうどいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月28日~12月7日
調査人数:105人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]