お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

リアルに使える旦那のコントロール術・6選

ファナティック

旦那にお願いをしたいときでも、ストレートに頼んでも、なかなか素直にやってくれないこともありますよね。そんなときは、上手に旦那を手のひらで転がせるようにしたいもの。既婚者女性が思う、我ながら「コレはイケテル!」と思う旦那のコントロール術を教えてもらいました。

■大げさに喜ぶ

・「大げさに喜ぶと、味をしめて次からは自主的にやってくれる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「旦那の好きなことを、一緒にしてあげると喜ぶ」(33歳/その他/事務系専門職)

少しのことでも大げさに喜ぶと、旦那もうれしく感じるのではないでしょうか。次からは頼まなくても、自分からやってくれるようになりそうですよね。

■褒めちぎる

・「とにかく小さなことでも褒めること。そうすると、頼んでもないのに家事をやってくれる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「褒める。少しでも家事をしてくれたら褒めちぎる。調子に乗って続けてくれるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

どんなことでも旦那のことを褒めちぎっていると、自主的にいろいろ手伝ってくれるようです。少しのことでも助かるし、有り難いですよね。

■おだてる

・「おだてると、いくらでも料理を作ってくれること」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

・「おだててその気にさせると、割りとのりやすい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

褒めると、快く手伝ってくれる旦那も多いようですね。わかりやすいので、お願いごとがあるときは、わざとらしくない言い方でお願いするといいのかも。

■感謝する

・「『ありがとう』と言って抱きつく。家事とかしてくれるようになる」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「何かしてくれたときに褒めて感謝する」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

普段から夫婦で感謝しあうのは、当然かもしれませんね。でも少し大げさに感謝すると、旦那も喜んで、妻のためにあれこれしてくれるようです。

■アメとムチを使い分ける

・「普段甘えながら、たまに怒る。アメとムチで、コントロールしていると思うから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「アメとムチの使い分けをうまくすること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

やはりアメとムチの使い分けは必要ですよね。いつも甘いと、いざというときには、お願いごとも聞いてくれなさそうです。

■食べ物で釣る

・「シュークリームの買い置きさえあれば、何でも言うことを聞いてくれるのでやりやすい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ほんとたまに旦那の大好きなグミを買ってきて、帰宅したらあげる。『いつも家事手伝ってくれてありがとう』って言って渡すと喜んでくれるし、また家事を手伝ってくれる」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

旦那をコントロールするには、てっとり早く食べ物で釣るという人もいるようですね。誰でも好物を目の前にされると、弱いですものね。

■まとめ

ほかにも、「大臣に任命する。『今日はお料理大臣だから、お料理作って! 大臣の命令ならお皿洗いを手伝うから!』というと張り切ってやってくれる」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)などのように、ユニークな方法で旦那をコントロールしている人もいるようです。お世辞や褒め言葉でも、旦那からするとうれしく感じるものかも。感謝の気持ちを込めて頼りにしていることを伝えると、いろいろお手伝いをしてくれるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月7日~11月18日
調査人数:133人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]