お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男性が「無責任に付き合えないな」と思う女の年齢・6パターン

ファナティック

好きになった相手の年齢を確かめておかないと、実際に付き合うことができるようになったときに、ビックリしてしまうこともあるもの。あまりにも年齢差があると、簡単には付き合えないと思うことも……。では、22~39歳の男性が思う「無責任に付き合えないな」と思う女性の年齢とは? 本音をぶっちゃけてもらいました。

af9900095313w

(1)ウブな20歳未満

・「20歳より下。キレイな心を傷つけてはいけないと責任を感じてしまう」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「18。これからまだまだいろいろな可能性がある中で、やはり邪魔をしたくないという気持ちはあるから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

20歳未満だと年齢によっては、付き合うこともできないケースがありますよね。年齢が離れているほど、これからの未来のことを考えてあげる必要も。相手の未来を考えれば、簡単な気持ちで付き合うことはできないでしょう。

(2)社会人経験の浅い20代前半

・「22以下。社会人経験がないから」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「25歳以下。社会のことをよくわかっておらず、かつ遊びたい盛りでお金を持っている人にくっつく傾向にありそうだから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

20代前半だと、まだ社会に出たばかりで、世の中についてあまりわかっていないこともあるもの。少しずつ経験をしていく上で、自分のことを選んでほしいと思うのではないでしょうか。遊びたい盛りにあるこの年齢の女性たちを満足させてあげられる自信のない男性も多いのかもしれません。

(3)焦りを感じはじめている20代後半

・「20代後半になると向こうも焦ってそう」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「28歳以上。30歳までに結婚したいという願望がありそうなので、交際するとすぐに結婚を意識される可能性があるため、無責任には付き合えないと思います」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

20代後半ともなると、さすがに結婚を意識しないわけにはいきませんよね。男性のほうが結婚をする気がなくとも、相手がその気だと、無責任に付き合うことはできないのでは。焦りを感じはじめる年齢の女性は、交際相手の吟味も慎重になるもの。そんな大事な時期に軽い気持ちで付き合うのは、たしかに気が引けますよね。

(4)結婚が必ず視野に入る30代前半

・「30歳。それから付き合うと必ず結婚が視野に入ってると思うから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「32歳くらい。結婚するにしても子どもを作るにしても考え出すと重くなる年齢」(28歳/その他/その他)

30代に突入すると、やはり付き合い方にも大きく変化が表れてくるものですよね。特に女性の場合は、子どもを産むためのタイムリミットがあるため、簡単な気持ちで付き合うことはできないと思うようです。「結婚」という形での責任が目に見える30代前半の女性との交際は、男性側も慎重になるのですね。

(5)遊びでは済まされない30代後半

・「30代後半から。結婚を視野に入れて付き合ってくるから。遊びでは済まされないから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「35歳を過ぎた女性。結婚に急いでいそうだから」(32歳/その他/事務系専門職)

30代も後半となると、まず結婚を考えた上でお付き合いをはじめるはず。さすがに遊びで済まされる年代ではありませんものね。付き合ったあとで「この人はちがった……」と思っても、簡単に振ることのできる年齢ではないはずです。

(6)障壁が多そうな40代

・「40歳以上。別れるのが難しそうだから」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

・「40代の独身女性は面倒くさそうで手が出ない」(29歳/情報・IT/技術職)

アラフォーにもなると、さまざまな考えがあって独身を貫いている女性もいるもの。だからこそ、少しの面倒を感じてしまう男性もいるようです。よほどのことがないと、無責任に付き合うことはできませんよね。

<まとめ>

女性と付き合うときに、相手が結婚を意識する年齢かどうかを、やはり男性は気にしているようですね。付き合うのであれば、キチンと責任を取りたいと思う男性が、意外に多いともいえるのではないでしょうか。それぞれの年齢で「無責任に付き合えない」と思う理由はちがえど、男性は女性との交際を真面目な気持ちで受け止めているようですよ!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日~2016年11月30日
調査人数:291人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]