お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第13話 まさか二股?

わたしはふたりの背中に向けて、
大きなため息をついた。
そして目の前に置かれた、
きれいなオレンジ色のカクテル、
ジャックローズに目をむける。

気づくと、グラスには、
びっしりと水滴がついていた。
飲むと芳しいカクテルが、
喉を熱くして滑り降りていく。
おいしいはずなのに、でももう楽しめない。
どうしてもカウンターのふたりに、
チラチラと視線が走ってしまう。

「フフフッ、アハハハハッ!」
そのうち悠斗が連れてきた女の子が、
バーカウンターで、
体をのけぞらせて笑い始めた。
悠斗も、楽しそうに微笑んでいる。
あれは本当に「仕事の相談」なの?
彼女、ものすごく楽しそうだけど。

ふと、この間いっしょに飲んだ、
佳奈の言葉を思い出す。

「あんまり都合のいい女を続けてると、
浮気されたり二股かけられたりするかもよ」

お役立ち情報[PR]