お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

だから臭うんだよっ! 「くっさい女性」がやりがちな6つの習慣

ファナティック

誰にでもその人特有の体臭はあるものですが、そばに近寄ることも気が引けるほど体臭がきつい人もいますよね。それはもしかしたら生活習慣が原因かもしれません。「くさい女性」がやりがちな生活習慣について、働く男性に聞いてみました。

口元をおさえる男性

■喫煙する

・「タバコを吸うのをやめられないこと」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「タバコを吸ってコーヒーを飲んでいる人」(36歳/食品・飲料/事務系専門職)

近年増えていると言われている女性の喫煙者。タバコは体臭や口臭の原因にもなるので、喫煙者は非喫煙者以上にニオイに気を配る必要がありますね。

■体を清潔にしていない

・「歯を磨かず、風呂も入らず、三日三晩寝ている」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「風呂に入っていないなら、くさいだろうと思う。自分は毎日でも入らないと気が済まないので」(38歳/自動車関連/営業職)

歯磨きや入浴など、体を清潔に保つために毎日すべきことをしっかり行わない場合は、どんどんニオイがきつくなってしまいます。しっかり洗えば改善できるので、面倒くさがらずに日々のルーティンにしてしまいましょう。

■何かとルーズ

・「部屋の片づけができない女性はくさい」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「ちょっと時間にルーズだなと感じる人。なにかきちんとできない人に多いと思う」(36歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

すっきりと整理整頓された部屋に住んでいる人に、不潔な印象を持つ人はいないでしょう。香水などでいい香りをまとう前に、まずは身のまわりのことをしっかりこなすことが大切です。

■洗濯の頻度が少ない

・「ジャージを一週間連続で、同じものを着ている」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「靴下をかえない女性。一週間はき続けてる子がいた」(36歳/生保・損保/技術職)

脱いだ服が部屋の片隅に山積みになってはいませんか? 特にひとり暮らしだと頻繁に洗濯をすることは難しいかもしれませんが、できる限りこまめに洗って服の手入れも怠らずに行いましょう。

■肉やニンニク料理をよく食べる

・「食べることが大好きで、脂っこいものをたくさん食べている」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「ニンニク料理が好き、肉をよく食べる人」(34歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

自分の好きな物ばかりを食べていると、栄養バランスが悪くなるだけでなく、体臭にも影響してきます。特に肉類や脂っこいものが好きな人は気をつけたほうがいいかもしれません。

■香水をつけすぎる

・「体臭を消そうと思ってか、香水をやたらとつけている」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「香水をつけすぎる人はニオイがだんだんきつくなる」(37歳/その他/事務系専門職)

ほのかに香ればいい香りも、きつすぎるとただくさいだけになってしまいます。これがいわゆる香害! 自分が思っている以上にきついニオイをまき散らしている場合もあるため、フレグランスの使用には注意が必要です。

■まとめ

男性に「くさい」と言われてショックを受けない女性はいないでしょう。そのことを男性もわかっていて、たとえくさいと感じていても、それを言葉にして伝えないことも少なくないかも。人に気づかせてもらえないことだからこそ、自分自身でしっかりとケアしていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日~12月7日
調査人数:138人(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]