お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

きゃーん激かわ! 「2人目」を生んでよかったと思う瞬間・5

ファナティック

子どもの数が多いほど育児は大変なものですが、辛いことばかりではありませんよね。そこで、今回は、子どもが2人になって、どんなときに幸せを感じているのか、2児のママたちに聞いてみました。

■2人の寝ている姿

・「2人が手をつないで寝ているとき。一緒に遊んでいるとき」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「2人並んでお昼寝してる姿を見ていつも癒やされてた」(33歳/その他/その他)

2人が一緒にいることで、安心して寝ている姿を見ると、ほのぼのとした感じになりますよね。たまに、争いをすることはあっても、その仲のいい姿を見るとがんばって生んでよかったと思える至福の瞬間ですね。

■いい兄弟関係

・「やっぱり大きくなってきて、一緒におもちゃで遊んでたり、どっちかが困ってると助けてあげたりしている所を見たとき」(23歳/その他/その他)

・「上の子が下の子に優しく接してくれたり、下の子が上の子に寄っていったり、お互いが必要としている姿を見たとき」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「一番は、上の子に兄弟ができたことです。上は下を思いやる気持ち、下は上を慕ってマネしたり、親と子とはちがう関係が、子どもにいい影響を与えている」(32歳/学校・教育関連/その他)

お互いに助け合ったり、一緒に仲よく遊んだりしている姿を見ると、お互いにいい影響を与え合っているのがわかって、うれしくなりますよね。子ども同士で兄弟だからこその関係がほほ笑ましいと思います。

■それぞれちがっていてかわいい

・「何もかも手探りだった上の子とちがって、余裕があるため、純粋にかわいい。仲よし兄弟で仲よく遊んでる姿を見たとき。上の子との違いがまたおもしろい」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「上の子がなんだかんだいってかわいがってくれていたり、2人目は1人目とは性別がちがったので、またちがったかわいさがあった」(29歳/その他/その他)

最初の子どものときは、知識としてはあっても、実際に遭遇するのは初めてのことばかりで大変ですね。2人目となると少し引いて見られる部分が出て来て、それぞれの子どもの違いに目を向ける余裕が出てきたということでしょうか?

■上の子の成長が見られる

・「色んな成長が見られるとき。上の子は姉として、小さなママのようになったり、下の子も日々できることが増えてきたりしたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「上の子も少しずつ落ち着き、お兄ちゃんらしくなったことや、家事をしているときに下の子をあやしてくれるとき」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「上の子がたくさんお手伝いをしてくれるようになったのと弟ができてうれしそうなのを見たとき」(30歳/その他/その他)

弟や妹ができることによって、兄や姉としての自覚が芽生えてくるようすを目にするのは、とてもうれしいことだと思います。忙しいママを手伝ってくれるようになると、まわりについつい子ども自慢をしたくなりそうですよね。

■にぎやかで楽しい!

・「仲がいいし、食卓がにぎやかでよい」(34歳/その他/その他)

・「にぎやかで、楽しい。兄妹で、遊ぶ姿を見ると争いも多いがほほ笑ましい」(34歳/その他/販売職・サービス系)

家族が増えて真っ先に感じることは、にぎやかで楽しいことではないでしょうか。兄弟でおかずを取り合ったり、おやつを仲よく分け合ったりできるのも2人だからこそ。日常の食卓がにぎやかになるのはとても楽しいことのように思えます。

■まとめ

育児は大変ですが、わが子の成長をそばで見守れるのは幸せなことですよね。子どもにとっても兄弟関係から学べることは大変たくさんあります。そうした幸せを、忘れずに日々を過ごしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月1日~12月2日
調査人数:413人(22歳~34歳の女性)