お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚後に妻にやってほしい理想的の仕事・6選・6選

ファナティック

結婚後も仕事を続けたいと思っている女性は少なくありませんが、男性としても結婚後の生活に支障がなければ、女性が働くことに否定的な気持ちは持っていなさそう。そこで今回は、結婚後の女性の働き方として理想的な仕事について、既婚男性たちの意見を聞いてみました。

■パート勤務

・「子どもが小さいうちは時短やパート」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「パート。先に家に帰っていてほしいので」(28歳/その他/その他)

家事や育児に支障がない範囲で働いてもらいたいという男性は、結婚後の女性にパートタイムとして働いてほしいと思っているようです。自分が帰ったときに妻が家にいないというのは、寂しいみたいですね。

■結婚前と同じ

・「結婚前と変わらずに、働き続ければいいのではないかと思う。本人がやりたい仕事、または自身の能力を最大限発揮できる仕事に、就ければいいと思う」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「今まで通り。自分の稼ぎだけでは生活が厳しいから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

女性が望むのであれば結婚前と同じ仕事を続けてほしいという男性も。収入はもちろん、女性のやりがいや仕事に対する意欲、それまでに築いてきたキャリアを結婚で諦めてほしくないということでしょうね。

■専業主婦

・「専業主婦になってもらうこと。男性が外ですべて稼いで、女性が家を守ってくれればいいと思っているから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「専業主婦で、家族のことを大事にしてくれるのが一番」(37歳/その他/その他)

お金は自分が稼いでくるので女性には家のことをすべてやってもらいたい。結婚後は外で働くのでなく専業主婦になってほしいという男性も。家を守るのが女性の仕事というのは古い考え方とも言えますが、これが理想という女性も少なくないのかも。

■定時出社、退社ができる仕事

・「定時出社定時退社のできる仕事。ワークライフバランスがとりやすいから」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「勤務時間がはっきりしていて夜勤もない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

勤務時間が一定であれば結婚生活にも支障がなさそう。残業や早出があったり、シフト制だったりすると生活リズムも狂ってしまいそうなので、時間がきちんと決まった仕事なら、結婚後も問題なしという男性は多いようです。

■融通が利く職場

・「子どもが産まれても融通が利く職場。育児休暇を取れたり、急な休みでも大丈夫なところ」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「時短で働ける職場」(29歳/学校・教育関連/専門職)

時短勤務があったり子育てなどに理解があったり。さまざまな面で融通の利く職場が結婚後の女性には最適だという意見も。確かに、育児中の女性の負担を減らすという意味でも働きやすい職場かもしれませんね。

■有資格の手に職系

・「美容師……手に職があって生き生きしているから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「看護師か保育士。いつでもどこでも仕事を見つけやすい」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

復職しやすかったり、職場が見つけやすい資格の必要な仕事は、主婦になっても働きやすそうも。結婚前に仕事で使えそうな資格を取得するのも、いいかもしれませんね。

■まとめ

女性がどんな働き方をしたいかも大切だけど、やはり結婚後は家庭を第一に考えてほしいという男性は多そう。ただ「会社員で、できれば事務職。正社員がいいとい思う。子どもができても保証されるから」(33歳/小売店/事務系専門職)、「普通にフルタイムで働く」(34歳/機械・精密機器/技術職)というように、収入面を考えるとフルタイムの正社員という選択も捨てがたいもの。結婚後の働き方については、結婚前に2人できちんと話し合っていおいたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月31日~11月22日
調査人数:123人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]