お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

女性がこっそりしている「育乳方法」6選

ファナティック

十分なボリュームがあり、見るだけでハリが感じられるようなバストは、女性たちにとって永遠のあこがれ。男性たちの目線もくぎ付けにできることでしょう。しかし現実には、自身のバストにコンプレックスを抱く人も多いもので……! そこで今回は、女性たちのバストアップ事情について、徹底調査。こっそりと行っている育乳方法について、教えてもらいました。
rf18618116_o

■マッサージ

・「マッサージをする。うしろの肉を前にもってくる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「雑誌で見たマッサージを、毎晩している」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

もっとも多かったのが、「バストアップマッサージを行う!」という意見でした。お腹の肉や背中の肉をバストのほうに寄せ集めることができれば、メリハリボディに近づけるはず! 毎日の習慣にして継続するとよさそうです。

■筋トレ

・「バストの筋肉を鍛える。ストレッチチューブなどで、筋肉を鍛えて、ハリが出るようにしている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「たるまないように腕立て伏せをしている」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

こちらはより積極的に、「バスト周辺の筋肉を鍛える」という意見です。見た目がよくなるのはもちろん、ちゃんと筋肉があれば下垂防止にもつながります。アラサー世代の今だからこそ、「やって損はない」と言えるでしょう。

■姿勢よく!

・「姿勢を正す。猫背になるとバストがしぼみそうだから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「姿勢をよくすること。印象から変えられる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

気を抜くと、すぐに背筋がだら~っとしてしまう方はいませんか? バストの印象が、よりボリュームダウンしてしまいます。血流が悪くなればバストに栄養は行き届きませんし、筋力が衰えると下垂問題にもつながります。気付いたときから少しずつ、姿勢を矯正するのがオススメですよ。

■正しいブラジャーを身につける

・「正しいサイズのブラジャーを正しくつけること」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「夜にそれ用のブラジャーをつけたまま寝る」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性にとって身近なブラジャーですが、自分のバストの正しいサイズを知らなければ、ピッタリの商品を選ぶことはできません。またブラジャーの用途別に付け替えることで、バストにとってよりいい環境を作れるのかもしれませんね。

■体の内側から

・「毎日大豆製品を食べまくっている」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「豆乳を飲む。肌の調子もいい気がするので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「から揚げを食べる。昔グラビアアイドルが、グラビアアイドルはみんなから揚げ好きだと言っていたから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

バストを育てるためのポイントは、身体の中の栄養にもアリ!? 今回のアンケートで特に人気が高かったのは、「大豆製品」でした。大豆に含まれるイソフラボンは、女性の美容面にも嬉しい効果がたくさんあると言われています。こちらも「継続が鍵」となりそうです。

■触り心地もチェック

・「ボディクリームを塗りたくり、触り心地のアップを目指している」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

自分のバストをより魅力的に育てていくためには、「大きさ」だけにこだわっていてはいけません。触れたときの肌質も重要なポイントです! 顔と同じくらい念入りにケアしてあげれば、きめ細やかな美しいお肌をキープできるのではないでしょうか。

■まとめ

育乳に励んでいることを周囲に知られるのは、ちょっと恥ずかしいものです。できれば「こっそり」がんばりたい!と思ったときには、ぜひみんなの意見も参考にしてみて。自身の努力で育てたバストで、周囲をあっと驚かせちゃいましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月22日~2016年12月2日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]