お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

やばっ! 冬のムダ毛処理をサボって「やっちゃった!」失敗談11

ファナティック

夏と比較して、肌の露出度が大幅に減る冬には、「ついムダ毛処理をサボってしまう!」という方もいるのではないでしょうか。「どうせ見られないから……」と油断ばかりしていると、思わぬ場面で恥ずかしすぎる失敗をしてしまうこともアリ!? イマドキのアラサー女性たちが、冬のムダ毛処理を怠って「やっちゃった!」失敗エピソードを紹介します。

af9920057007m

■何気なく……腕まくり

・「処理をしていなくて、腕まくりしたらボーボーだった。仕事中だったから同僚に見られた」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「腕の毛を放置していて、セーターを腕まくりしたら、うぶ毛が目立った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

長袖で隠されているから、まぁいいや! ムダ毛処理を怠り、それが自分にとって「普通」になってしまうと危険です。「あ~エアコン効きすぎ!」なんてときに、ボーボーの腕をみんなに晒してしまうのかも!? ギョッとした目線が、腕に刺さります……!

■急なデートでギクッ!

・「急なお泊まりの予定が入り慌ててコンビニに走った」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「飲みの後にホテルに行くことになって、ワキ毛がボーボーだった」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

数日前から予定されているデートなら何も問題はありませんが、突然の「今日会えない?」は要注意です。ウキウキワクワクでデートの場に出かけ、気分も盛り上がったのに……脱いだ瞬間にゲンナリされてしまいます。

■試着

・「試着のときに剃ってない部分があらわになったとき」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「スカートの試着をしたときに足のムダ毛が気になった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「今は彼もいないし、脱がないから大丈夫!」なんて思っていても、「人前で脱ぐ」という機会は、意外と突然訪れるものです。洋服との出会いは、まさにタイミング! 試着しないまま購入するか、潔く諦めるか……。究極の二択と言えそうですね。

■まさかのトビ毛!?

・「ストッキングからムダ毛が出ていることを指摘された」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「ムダ毛処理を忘れたまま結婚式に出席しストッキングからすね毛が丸見えだった」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

サボり度がマックスまで高まると、こんな恥ずかしすぎる失敗につながる可能性もアリ!? 「あ、処理していなんだ!」と思われるだけでなく、飛び出した毛――いわゆる「トビ毛」に対して、「いったいどれだけ剛毛なの!?」と疑われることにもなりかねません。

■いつやってくるかわからないアクシデント

・「冬だからいいかと腕の毛のケアを省いていたら、会社参加のお祭りで急に半袖を着ることになり恥ずかしい思いをしたことがあるから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「冬だったため足のムダ毛処理をしていなかったが、怪我をし緊急事態で医者で診察することになって恥ずかしかった」(34歳/金融・証券/営業職)

アクシデントとは、いつだって予想外の瞬間にやってくるものです。「見せる予定がないから」と安心するのは危険! いつどこで、誰に見せてもいいように、冬でも気合いを入れたいですね。

■「処理済み」でも危険

・「ワキ脱毛に頼って、しばらく放置していたら一本長いのが」(33歳/不動産/事務系専門職)

イマドキの働く女性たちの中には、「すでに永久脱毛済み」と安心している方も多いはずです。しかし世の中に「完璧」は存在しません! 定期的に自分の状態をチェックすることで、思わぬ恥を避けられるでしょう。

■まとめ

冬にムダ毛処理を怠ると、焦らなくていいはずの場面で、思わず焦ってしまうことも……! 挙動不審な様子を見れば、誰もが「あっ!」と思うはず。つい忘れがちな冬だからこそ、気を抜かないほうがいいと言えそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月22日~2016年12月2日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]