お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

出産って回数を重ねると痛くなくなるってホント?

ファナティック

58147ed8c4b1a721b2e859373a6d295dcb5128f90baeef7cb8pimgpsh_fullsize_distr

1人目の出産に比べて2人目の出産の痛みは少ないと言われていますが、本当かどうか気になりますよね。今回は、2人以上の子どもをお持ちの女性のみなさんに、こんな質問をしてみました。

Q.1人目と比べて2人目の出産は痛くなかったですか?

痛くなかった……45.91%
痛かった……54.09%

「痛かった」人の方が若干多いようです。どうやら、出産回数が増えても痛みが減るの確率はあまり高くなさそうですね。けれども、痛くなかったと答えた方たちの理由の中に、痛みを和らげるヒントが隠されていないか見てみましょう。

■陣痛の時間が短かった

・「1人目の陣痛はとにかく長く、ずっと痛かった。2人目は、生理痛の強めの痛みが続き、本当に痛くなったら、生まれるときだった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「やはり陣痛の時間が短いのであっという間で痛みを感じてる暇がない」(31歳/その他/その他)

陣痛時間が長いのは、体力も消耗してしまうので、疲れた身体で痛みに耐えるのは本当に大変ですよね。もし、同じ位の痛さだったとしても、その長さが大幅に短くなれば、かなり楽だと思えるかも?

■痛みの強さがわかっている

・「痛みがわかってたから1人目より痛くなかった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「痛みのマックスがわかっているので1人目よりは不安じゃなかった」(33歳/商社・卸/その他)

1人目のときは経験したことのない痛みなので、痛みが一体どこまで強くなるのかわからないので、とても不安ですよね。痛みの上限がわかっていれば、不安が少ないから痛みが軽減されたのかもしれませんね。

■呼吸がうまくできた

・「出産の呼吸をとにかく吐き続けろと指導され、最後まで呼吸を考えていて、いきむことがなかった。結果、スソも切れず痛い記憶がない」(31歳/その他/事務系専門職)

2人目ということで、多少の余裕もあったのかもしれませんが、これは、出産前の練習のたまものではないでしょうか? 出産のときに励ましてくれて上手に指導してくれ人がいてくれるといいですよね。

■全体の流れがわかっている

・「4,000g超えで2人目は生まれたが、出産の流れがわかっていたので乗り越えられた」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「1人目がすごく痛くて、腰が割れると思うくらいだったけど、2人目は、なんとなく感覚も覚えてて、あと少しで頭が出るかなとか余裕があるくらい差がありました」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

出産までの流れや、どういう状態になったらもうすぐ生まれるかというのが、わかっているのといないのでは、気持ちの上でかなりちがいますよね。一度経験すると目的地までのルートが頭の中に入っているようなものですね。

■2人目の方が小さかった

・「2人目の方が小さかったので痛みが少なかったのかも」(32歳/その他/その他)

・「2人目はわりと小さかったので1人目より痛くなかったし、すんなり出てきた」(32歳/その他/その他)

赤ちゃんが大きいと出産が大変になると言われていますよね。妊娠中は、赤ちゃんの大きさに気を付けることが大切かもしれませんね。楽な出産のために、適度な運動と適切な食事に気をつけたいものですね。

■まとめ

2人目の出産の方が痛くなかった方の理由の中に、出産の痛みを少しでも軽減するヒントがあるように思います。経験から生まれる気持ちのゆとりにプラスアルファの要素として出産のときの呼吸のようにあらかじめ準備できることも取り入れて見てはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月1日~12月2日
調査人数:413人(22歳~34歳の女性)