お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

女性が「子どもがほしい!」と思うタイミング6つ

ファナティック

wb0010031163w-400x266

あなたは、どんなときにそろそろ2人目がほしい! と思いましたか? 今回は、どのタイミングで「2人目がほしい」と思ったのか女性のみなさんに教えてもらいました。

■1人目の手がかからなくなったとき

・「1人目が3歳になって、自分でできることが増え、手がかからなくなってきた」(33歳/その他/その他)

・「上の子が小学校に上がってだいぶ手がかからなくなったから」(31歳/その他/販売職・サービス系)

子どもの世話を考えると、1人目の子どもが自分のことは自分でだいぶできるようになってきた段階で、そろそろ2人目を考えようかと思う方が多いようです。ただ、どの程度まで自分でできれば手がかからなくなったと思うのは人それぞれのようですね。

■続けて育休を取得しようと思ったとき

・「単純に言うと、育休から仕事に戻るタイミングを考えて続けて休んでしまいたかったので。自分が二学年差ということもあり、子どももそのくらいがいいと思っていたのでちょうどよかったから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「1人目の育休が終わるまでに2人目を続けてほしかったので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

仕事をしている方だと、育休との絡みが出て来ますよね。確かに育休も2人目を続けて取得して一気に育児を行ってから、職場復帰という選択もありですね。育休も場合によっては、最長1年半取得できるようになりましたので、それなりに年齢差を設けることも可能に。

■周囲の影響から

・「友だちやママ友が2人目を産んでから」(34歳/その他/その他)

・「まわりのほとんどが、2人目を出産してて、1人目にも兄弟を作ってあげたかった」(34歳/その他/販売職・サービス系)

まわりの友だちがどんどん2人目を出産してくると、自分一人が取り残された気分にもなって、そろそろ私も2人目を考えようかな? と思うようです。まわりに年齢が近い友だちがたくさんいる方が、子どもにとってもよりいい環境ですもんね。

■体力があるうちにと思ったとき

・「自分の歳と体力を考えて今しかないかなと思った」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の年齢と、体力があるうちにと思ったのと、3、4歳差がベストかなと思ったから!」(32歳/その他/その他)

妊娠・出産・子育ては、体力や気力が充実しているときの方が多少の無理もきくので、ベストですよね。身体が疲れてしまうと、心や気持ちにゆとりがなくなってしまいますので……自分の体力と相談して決めるのも大切なのではないかと思います。

■兄弟っていいなと思ったとき

・「公園で兄弟で遊ぶ子たちを見て、やっぱり成長の仕方がちがうなぁと思ったから。遊び場に誰もいなくても、兄弟がいれば一緒に楽しく遊べると思ったから」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

親と遊ぶのと、兄弟と遊ぶのでは、遊び方もちがいますよね。兄弟でお互いにいい影響を与えて成長している姿を見ると、兄弟がいるのっていいなってしみじみ感じるのではないでしょうか? 兄弟喧嘩からも多くのことを学んでいるのでしょうね。

■妊娠できる状態になったとき

・「1人目の授乳が終わり、生理が再開したとき」(33歳/その他/その他)

・「1歳を過ぎて、断乳し、生理も再開したタイミングで2人目を意識した。1歳になるまでは絶対に考えられなかった」(32歳/その他/その他)

なるべく歳が近い兄弟を考えている方にとっては、妊娠できる状態に自分がなったときに、そろそろ2人目がほしい! と思うようです。歳が近い兄弟は2人に手がかかって大変なこともありそうですが、歳が近い方が同じ遊びができますものね。

■まとめ

2人目がそろそろほしい! と思うタイミングは、その方のライフ・スタイルや価値観に影響されるようです。女性だけが育児するのではなく、「育メン」がもっと増えれば2人目のタイミングも変わってくるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月1日~12月2日
調査人数:413人(22歳~34歳の女性)