お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

死んでも言えないっ……! 女子が「彼に内緒でこっそりしてること」6つ

ファナティック

いくら好きな彼氏とはいえ、自分のすべてをさらけ出すのは抵抗がある……そう感じている女性もきっと多いはず。親しい仲とはいえ、なかなかカミングアウトしづらいもののもありますよね。特に、癖や趣味は、秘密にしている人が多いはず。そこで今回は、彼氏に黙っている癖や趣味がある社会人女性に、その内容を告白してもらいました。

■爪をかんでしまう

・「爪をかむ癖。ついついやってしまう」(34歳/情報・IT/技術職)

・「爪をかむ癖。不潔だという自覚があるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

子どものときに卒業しておくべき癖とはわかっていても、なかなか大人になってもやめられない人が多い爪をかむ癖。幼稚だと思われるかもしれない、と思うと、バレないように必死にもなります。

■アイドルが……

・「男性アイドルが好きでグッズも集めているが、彼氏には言ってないので家に来たときはいつも隠している」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「本当はジャニーズアイドルが好き」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「男性アイドルのファンの子はちょっと……」という男性は結構いますからね。アイドルと彼氏はまったくの別物なのに、自分と比べられそうで嫌だと男性は感じるようです。

■倹約家……?

・「節約癖。ちょっと人さまに見せるのは恥ずかしいかな……と思ってしまう」(33歳/不動産/専門職)

・「お金をためるのが好きなこと。通帳を見るのが趣味」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

ただの倹約上手な女性であれば、男性からすると、非常に好感度が高いはず。将来、家庭を持つことに安心感を覚えるでしょう。しかし、倹約を通りこし、ケチなことをしているのであれば話は別。「それはちょっと……」と引いてしまう男性もいますからね。

■においフェチ

・「においフェチ。本当は彼のパジャマとかクンクンしたい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「頭皮のにおいを嗅いでしまうこと」(33歳/その他/事務系専門職)

においフェチな人は、男女ともにいるものですが、彼氏が理解してくれるかどうかはわかりません。下手をしたら「なんでそんなものを嗅ぐの……?」とドン引きされてしまうかも……。

■ムダ毛を……

・「脇毛を毛抜きでぶちぶち抜くのが趣味」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ムダ毛の処理が趣味というのは、趣味と実益を兼ねているのでいいのかもしれません。でも、処理の仕方を間違えると、肌にトラブルが起こってしまうので要注意ですね。

■実はアニメ大好き……

・「実はアニメが大好きで毎週必ず見る番組がある」(29歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

彼氏もアニメ好きなら抵抗なく話せそう。でも彼氏がまったくその手のものに理解がなく、嫌悪感を示しそうであれば、言いにくいですよね……。

■まとめ

彼氏に言えないことを抱えている人はほかにもいます。「たばこを吸うこと。彼氏といると吸いたいと思わないけど、仕事から帰ってくると吸ってしまう」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)という人も。もしかしたらこの一点だけで、今後の付き合いを考え直してしまう男性もいるかもしれません。彼氏と幸せな未来を歩みたいのであれば、言えない癖や趣味は、直すか、やめるか、それとも勇気を出してカミングアウトしたほうがよさそう。彼氏にバレてドン引きされる前に、行動を起こすのがベストかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]