お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男性が「出産した妻」に対して不安になること・6つ

ファナティック

女性にとって人生の中でも大きな出来事である出産。何人も子どもを産んだ女性であっても出産が大変なことには変わりないし、夫の立場としても出産後の女性については、さまざまな点で心配事があるようです。今回は、出産した妻に対して不安になることについて男性たちに聞いてみましょう。
rf55029754_grinvalds160400076

■体調

・「体調は大丈夫かなと。男性にはわからないため」(39歳/その他/その他)

・「休めない。安眠できてない」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

出産後は一瞬たりとも気が抜けない妻。ゆっくり食事をしたり、ぐっすり寝たりというのも難しくなって体調を崩しがち。出産で弱った体力を回復する間もなく育児に追われる妻の体調を心配する男性も多いようですね。

■男女としてお互いを見られるかどうか

・「女性からお母さんになってしまうのか。完全に移行しないでほしい。使いわけ希望」(23歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「男として見てくれるかどうか、また女として見られるかどうか」(34歳/その他/販売職・サービス系)

子どもが生まれてからは「妻と夫」ではなく「お母さんとお父さん」になってしまって、お互いを異性として見られないかもという心配も。家族になるのはうれしいけれど男女としてのトキメキも失くしたくないようですね。

■子ども中心

・「子どもしか見えなくなる。自分のランクが下がったのが目に見えてわかる」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「俺をかまってくれないんじゃないかという不安感」(22歳/その他/その他)

子どもの世話ばかりで自分がかまってもらえない。自分への妻の愛情がなくなることが不安だという男性もいるようです。子育てに追われる妻からすると子どもよりも手がかかるのが夫の存在かもしれませんね。

■育児ストレス

・「子どもの世話にかかりきりになり、精神が不安定にならないかどうか」(39歳/運輸・倉庫/その他)

・「子育てのストレスから、常にイライラしている気がする」(35歳/警備・メンテナンス/その他)

子どものことはかわいいけれど体力も気力も奪われてしまうのが育児。それがストレスになって情緒不安定になったりしないかが不安な男性も。できるだけストレスを軽減するためにも育児への夫の協力は不可欠ですよね。

■体形の変化

・「体形を気にしなくなる」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「体形が太って元に戻らなくなること。妊娠すると太るって聞いたことがあるから」(24歳/建設・土木/事務系専門職)

妊娠中に増えた体重は子育てをするうちに自然に減っていくものですが、体形が元通りにならないという声もよく聞きますよね。完全に元通りというわけでなくても、せめて体形を気にする気持ちだけは忘れないでほしいという男性も多そうです。

■自分がどの程度育児を手伝うのか

・「子どもの面倒を押し付けられるんじゃないかという不安」(22歳/その他/その他)

・「手伝いをしたいけど、具体的に何をすればいいのか」(36歳/その他/その他)

育児は妻だけの仕事ではないと思いつつ、具体的に何を手伝えばいいのかがわからないという男性も。こういう気持ちがあるだけで妻としてはホッとできそうですが面倒を押し付けられるという考えは許せないという女性も少なくないでしょうね。

■まとめ

出産後の女性の体はすぐに体力も回復しないもの。その中で赤ちゃんの世話をする大変さをわかってくれる夫がいれば、妻としては救われるような気になりますよね。体調や精神的な疲れを心配して、妻の手助けをしたいという夫がいれば育児ストレスもマシになりそう。新しい家族が増えた喜びをしっかり感じるためには、夫のやさしさが一番必要なものと言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月30日~2016年12月1日
調査人数:390人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]