お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

クセッ!! 男性が「口がくさい女性」とは絶対したくないこと6つ

ファナティック

人と会話をしていて、一番気になってしまうのが口臭ではないでしょうか。露骨にイヤがることもできないのが、つらいところですよね。では、男性が女性の口臭が気になった場合、どんなことを避けたがる? 口がくさい女性と絶対「一緒にしたくないこと」を、社会人男性のみなさんにぶっちゃけてもらいました。

(1)キス

・「キス。相手に対してストレートに口がくさいからできないなどとは言いにくいから」(29歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「キス。先にわかっていたら萎えるし、気持ち悪く感じる」(33歳/情報・IT/技術職)

口臭がもっとも気になるのは、やはり口を近づけるキスのときですよね。好きな相手なら、ある程度は気にならないものですが、あまりに強いニオイだと、キスをしようという気も起きないのかもしれません。どんなにキレイな女性が相手でも、嫌悪を感じてしまう瞬間でしょう。

(2)一緒にいること

・「一緒にいることさえイヤ」(37歳/建設・土木/クリエイティブ職)

・「一緒にいるときに気になるし気持ち悪くなるから」(22歳/建設・土木/技術職)

あまりニオイが強いと、近くにいるだけでも苦痛な場合があるようです。一緒にいることさえイヤ、と思われてしまっては正直ショックですよね。そうならないためにも、口臭ケアはしっかりしておきましょう。

(3)会話

・「会話するだけでもダメ」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「顔を近づけて話すこと。自分の口臭に気づかれるのもイヤだ」(38歳/情報・IT/技術職)

会話をするときは、相手の息が直接かかる距離になるらめ、口臭も余計気になるもの。離れて会話をする場面はそうないですしね。男性が苦痛を感じる瞬間のようです。

(4)食事

・「一緒にご飯に行くとご飯がおいしく感じなさそうだから、食事をしたくない」(31歳/建設・土木/技術職)

・「食事。ご飯がまずくなるから」(34歳/商社・卸/営業職)

食事のときは、特にイヤなニオイを嗅ぎたくないものですよね。場合によっては、食欲も失せてしまうのではないでしょうか。食事後だけでなく、食事前のお口ケアも重要ですよ!

(5)一緒に寝る

・「一緒のベッドで寝ること。ニオイが気になる」(29歳/情報・IT/その他)

・「一緒に寝床に入る」(30歳/学校・教育関連/専門職)

一緒に寝ることで感じられる幸せのひとつに、相手の吐息さえも感じられる至近距離、ということが挙げられるのではないでしょうか。その吐息がイヤなものだと、たしかに一緒には寝たくないかもしれませんね。

(6)車で2人きり

・「日常的にニオうなら、車の中や狭い空間に一緒にいること」(39歳/金融・証券/事務系専門職)

・「車で2人きりになりたくない。密室だと逃げ場がない」(26歳/マスコミ・広告/営業職)

車のような狭い空間に2人きりだと、どうしても口臭が気になってしまうのではないでしょうか。逃げ場もないのが苦しいところです……。

<まとめ>

口がくさいのは相手が女性であってもイヤなものではないでしょうか。とはいえ、自分では気が付いていないこともある口臭。男性から直接言うのも難しいでしょうから、何かのきっかけで本人が自覚して、ケアをするしかないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日~2016年11月21日
調査人数:385人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]