お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

あれ、もしかして!? 「妊娠した!」と思ったきっかけ3つ

フォルサ

自分が妊娠したかどうかって、どうやって皆さん判断しているのでしょうか? 妊娠経験の無い女性は、気になってしまいますよね。そこで、出産経験のある女性たちに「妊娠したと思ったきっかけ」について聞いてみました。

■生理が来ない……もしかして……

・「いつもちゃんときていた生理が来なかったから。」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「生理が遅れていたので、もしかしたらと思った。」(40歳以上/建設・土木/技術職)

・「ベタですが、生理が来なくなったとき」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「普段の生理前にはあまり胸は張らないが、生理予定日あたりから胸が張った。」(31歳/その他/その他)

妊娠の可能性を一番に考えるタイミングが、月経の有無でしょう。中には毎月の自分の体の変化をきちんと把握していて、生理予定日前にいつもと違うという感覚を分かっている女性も多くいました。決まったサイクルで生理が来る人は分かりやすいですが、不規則なサイクルの人にとっては「しばらく来なかったから」と、気づくタイミングに差はあったようです。

■なんか体がしんどい……

・「なんとなく体調が悪く風邪のような症状がでた」(27歳/その他/その他)

・「常に眠くて仕事が出来なくなってきたとき」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「やけに身体が熱かった。火照りっぽいかんじ。」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「微熱が続く、だるい、こなかった」(33歳/学校・教育関連/専門職)

基礎体温をつけている人ならご存知でしょうが、月経が始まると基礎体温は1度ほど下がります。もし月経が来ず、高温の状態が続いているならば妊娠のサインと言われますね。妊娠するとその基礎体温がいつも以上に高くなるため、風邪を引いたと疑ってしまう女性も少なくないようです。また、それによってか体のだるさも現れます。妊娠がわかったら、とにかく無理をしないのが一番です。

■もしかしてつわり?

・「つわりがきて気持ち悪くなったことで妊娠の可能性を疑った。」(40歳以上/その他/その他)

・「甘いものを食べた後に気持ち悪くなった」(40歳以上/情報・IT/技術職)

・「なんとなくきもちがわるいなとおもったとき」(25歳/生保・損保/営業職)

よくテレビドラマなんかであるシーンを想像する人もいるでしょう。あれほど分かりやすく突然吐き気に襲われるかどうかは疑わしいですが……。おなかがすいて気分が悪くなった、ご飯を炊くにおいが耐えられない、甘いものが好きなのに食べて気分が悪くなった。など、好みと食べ方が大きく変わるのがつわりの特徴。ただ、ずっと気分がすっきりせずにすぐれない状態がつづくので、つわりきっかけも十分にあるでしょう。

■まとめ

やはり、妊娠をしたかも! と感じるタイミングは生理が来ないことがきっかけとなった女性が非常に多い結果となりました。毎月やってくる恒例のモノが、なかなか来ないというのは分かりやすい兆候ですね。妊娠したかもしれないと感じたら、早めに検査をしてプレママ意識を高めると、気分の悪さやすぐれない体調も赤ちゃんのために乗り切ろうという気持ちになれるかもしれませんね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~40歳のママ)

(フォルサ/竹林みか)