お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

2人目と1人目、「出産する」のはどっちが楽?

ファナティック

1人目のお産より2人目のお産のほうが楽だと言われていますが、本当でしょうか? また、あんなつらい思いをするかと思うと、もう1人生むのは……と思っている方もいるのではないでしょうか? そこで、今回は2人目のお産のほうが楽だったかどうか、女性のみなさんから本音を聞いてみました。

Q.1人目のお産と2人目のお産を比べて、どちらが大変でしたか?

1人目……74.04%
2人目……25.96%

なんと、74.04%の方が楽という答えでした。まずは、2人目のほうが楽だったと答えた方たちがどの程度楽だったのかをご紹介します。

■時間が短かった

・「2人目は30分の超安産でした。1人目は8時間」(30歳/アパレル・繊維/その他)

・「2人目は陣痛から2時間くらいで、2回いきんだだけですんなり生まれたから」(30歳/医療・福祉/専門職)

陣痛から出産までの時間が短縮されれば、痛みを我慢する時間が短くなるので、楽ですよね。1人目が8時間で2人目が30分というのはすごい差です。これは、2人目のほうが楽だったというのは当然ですよね。

それでは、1人目のときはどうしてつらかったのでしょうか? その理由を見てみましょう。

■出産までの時間がわからなくて不安

・「陣痛時間の長さ、あとどのくらいで生まれるのか見通しがわからず、つらかった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「痛みがいつまで続くかも、どこまで痛みが増すのかも何もかもわからない状態だったため、自分にも余裕がなかったが、2人目は感覚がわかったため、痛みと闘いながらも冷静でいられた」(27歳/その他/専門職)

確かに、出産までの時間や痛みがわかっていないというのは、ゴールの見えないマラソンのようなもので、精神的にかなりつらいですよね。ゴールまでの距離がわかっていれば、気持ちの面でかなり楽になるはずです。

■初めての帝王切開にビクビク

・「2人とも帝王切開で出産しています。1人目のときは全部が初めてのことで、手術の流れや入院中、退院後の生活など、すべてが初めてで不安ばかりが多くて、大変だったように思います」(31歳/生保・損保/営業職)

・「逆子のため、帝王切開だった。初めてのことだらけで術後の痛みなどにもいちいちビクビクしていた」(32歳/学校・教育関連/専門職)

初めてのことだと、不安が先だってしまいますよね。手術前の医師からの説明や看護師の方たちの対応、病院の雰囲気で多少は和らぐことは可能とはいえ、出産も初めてで手術も初めてとなるとその不安は相当なものになりそうです。

■いきなりたくさんの処置をされ……

・「初めてのことだし、陣痛も弱く子宮口もなかなか開かずバルーンも入れ、促進剤も打って長時間かかったから」(33歳/その他/その他)

初めてというだけでも不安なのに、いろいろとたくさんの処置が必要になって、その処置もどれも初めて受けるものばかりで……何がなんだかわからなくて、その上、時間が長くかかってしまったら、それはつらいですよね。

次に2人目のほうが大変だったという方たちの理由を見てみましょう。

■赤ちゃんが大きくて大変

・「2人目は4kgあり、1人目より大きかったため。私自身、小柄で骨盤も狭いので肩が引っ掛かり、赤ちゃんがなかなか出てこられなかったので」(33歳/その他/その他)

・「1人目は2875gの女の子で産まれるまで長かったけどわりと冷静だった。2人目は3616gの男の子だったから大きさも大きいし陣痛は短かったけど意識が飛びそうなほどつらかった……」(30歳/その他/その他)

■まとめ

赤ちゃんを大きくし過ぎないようにと言われていますが、やはり、大きな赤ちゃんを産むのは大変そうですね。妊娠中、赤ちゃんの成長具合に気をつけることは、安全で楽な出産のためには大切なことのようですね。

アンケート結果から、2人目の出産のほうが楽になる可能性が高いことがわかりました。一度経験しているので気持ち的にも少しゆとりができて2度目の出産に望むことができた方が多かったようです。このゆとりが、楽に生むことにいい作用をもたらしていたのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月1日~12月2日
調査人数:413人(22歳~34歳の女性)